いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

楽天の戦力評価2019

球団創立15年目を迎える楽天ゴールデンイーグルス。Aクラスに入ったのは過去3度。ほとんどが6位の最下位。昨年も最下位に甘んじたチーム成績は、防御率3.78、失策66、失点583、打率.241、本塁打132、盗塁69、得点520であった。投手を中心とした守りのチーム。投手は則本や岸・松井といった球界を代表する投手を揃えるだけあって、投手力は高く、失策66と守備力も高い。問題は攻撃力。今季はFA移籍で浅村栄斗内野手を獲得。そして、ブラッシュ外野手と抑え候補としてブセニッツ投手を新外国人として迎え、その他にもトレードで橋本到福井優也。戦力外となっていた由規を獲得している。では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む

広島の戦力評価2019

3連覇を成し遂げた広島。昨シーズンのチーム成績は防御率4.12、失策83、失点651、打率.262、本塁打175、盗塁95、得点721であった。失点が多い中、相手より多く得点を取る打線が特徴的だった。シーズンMVPにもなったリーグ優勝の立役者・丸佳浩が巨人へFA移籍をした。その穴を誰が埋めるのか?補強した選手はドラフト選手と新外国人のカイル・レグナルト投手、ケーシー・ローレンス投手、フアン・サンタナ投手、トレードで加入の菊池保則投手、FAでの人的保障で獲得した長野久義外野手。
では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む

DēNAの戦力評価2019

昨シーズンは、Aクラスまであと一歩のところでリーグ4位となったDeNA。石田、今永、濱口と期待通りの働きができなかった左腕カルテットの三人。今年は期待通りの働きをしたい。では、昨年のチーム防御率は4.18。期待の左腕カルテットが期待に応えきれず、京山、飯塚といった若手投手に頼らざるおえなかった。打撃力は、本塁打王となったソトを筆頭にリーグトップの本塁打数181を誇った強力打線。ただ、長打力に頼っている感があり、チーム打率は.250とやや低い。そして、得点数も572とリーグ最少であった。補強した選手はドラフト選手と新外国人のコルデロ投手、中井大介内野手、出戻りの古村徹投手。
では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む

阪神の戦力評価2019

昨シーズンはリーグ6位と最下位となった阪神の昨年のチーム防御率は4.03。セリーグの中では2番目の成績だが失策88ととても多かった。中でも一塁手ながら退団したロサリオが9と多かった。打撃はチーム打率.253、本塁打数は85本と長打力不足が際立った。補強した選手はドラフト選手と新外国人のマルテ内野手、ジョンソン投手、ガルシア投手(元中日)とFA移籍の西投手。
では、矢野監督新体制の現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む

中日の戦力評価2019

昨シーズンはリーグ5位の成績を収めた。チーム防御率4.36は12球団最下位。失策は51と12球団でも1番少ないのだが、やはり投手力が他球団に比べ、数字的に見ても劣っているのか。チーム打率は.265と高いが本塁打数は97と長打力不足である。補強した選手はドラフト選手と新外国人の左腕投手のロメロと少ない。
では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む