いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

日本ハム戦力評価2019

栗山政権8年目を迎える。今年は積極的な補強もあり、例年になくリーグ優勝を目指しているようだ。補強した選手は、ジャスティン・ハンコック投手、ジョニー・バーベイト投手。そして、4割を打った台湾の英雄・王柏融の3外国人。トレードで秋吉亮投手と谷内亮太内野手自由契約の金子弌大投手の合計6人とドラフト8人。昨年に弱点を露呈した先発投手不足と二遊間の層の薄さを補った補強と言える。では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む

西武の戦力評価2019

昨季は、打線が1年間通じて好調で、負けていても逆転するのではと思わせる打線だった。日本シリーズには惜しくも進めなかったがリーグ優勝を飾っている。今季はFA移籍した浅村・炭谷やメジャー挑戦の菊池と主力を流出した西武。昨季チーム成績は、防御率4.24、失策74、失点653、打率.273、本塁打数196、得点792、盗塁132であった。数字を見てわかる通り、打ち勝ってきたことがわかる。特に得点圏打率が驚異の3割超えとチャンスに皆が打っていた。今季は人的補償の内海、戦力外の廖任磊と新外国人投手のニールとドラフト選手を新戦力として加入している。
では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む

楽天の戦力評価2019

球団創立15年目を迎える楽天ゴールデンイーグルス。Aクラスに入ったのは過去3度。ほとんどが6位の最下位。昨年も最下位に甘んじたチーム成績は、防御率3.78、失策66、失点583、打率.241、本塁打132、盗塁69、得点520であった。投手を中心とした守りのチーム。投手は則本や岸・松井といった球界を代表する投手を揃えるだけあって、投手力は高く、失策66と守備力も高い。問題は攻撃力。今季はFA移籍で浅村栄斗内野手を獲得。そして、ブラッシュ外野手と抑え候補としてブセニッツ投手を新外国人として迎え、その他にもトレードで橋本到福井優也。戦力外となっていた由規を獲得している。では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む

広島の戦力評価2019

3連覇を成し遂げた広島。昨シーズンのチーム成績は防御率4.12、失策83、失点651、打率.262、本塁打175、盗塁95、得点721であった。失点が多い中、相手より多く得点を取る打線が特徴的だった。シーズンMVPにもなったリーグ優勝の立役者・丸佳浩が巨人へFA移籍をした。その穴を誰が埋めるのか?補強した選手はドラフト選手と新外国人のカイル・レグナルト投手、ケーシー・ローレンス投手、フアン・サンタナ投手、トレードで加入の菊池保則投手、FAでの人的保障で獲得した長野久義外野手。
では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

続きを読む