読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

センバツ出場校予想2017

今週金曜日に発表されるセンバツ出場校。明治神宮大会2016の優勝校は初優勝の履正社に決まりました。そして、センバツ高校野球大会の神宮枠は近畿に決定!!
これに伴い、センバツ高校野球出場校を予想してみました。

<北海道> 1校

 札幌第一

<東 北> 2校

 仙台育英 盛岡大付
<関 東> 6校

作新学院 東海大市原望洋 前橋育英 健大高崎 早稲田実 日大三

<北 陸> 2校

福井工大福井 高岡商

<東 海> 2校

静岡 至学館

<近 畿> 7校 (神宮枠1校)

履正社 神戸国際大付 大阪桐蔭 滋賀学園 智弁学園 報徳学園 上宮太子

<中国・四国> 5校
 宇部鴻城 市呉 創志学園 明徳義塾 鳥取城北

<九 州> 4校

福岡大大濠 東海大福岡 熊本工 秀岳館

<21世紀枠> 3校
 石橋(栃木) 多治見(岐阜) 中村(高知)

今年の選考は2点をどう判断するかに分かれるだろう。
まずは、関東東京地区。
関東大会ベスト4に進出した高校と東京大会優勝校には、無条件にセンバツの切符が手にできる。
問題は残りの1校だ。最近は、関東5校東京1校。
だが、ベスト8に進出した残り4校のうち、健闘したのは慶応ぐらいでほかの3校はコールド負けやインパクトに欠ける試合だった。
慶応については、準々決勝の前橋育英戦で9回にサヨナラ負けを喫したが、序盤はリードしていた戦いを、どう評価されるか。
東京大会準優勝校・日大三は、清宮擁する早実にサヨナラ負けを喫したものの終始好試合をしていた。
私見では、関東4東京2を推したい。
日大三が十分に選ばれるだけの試合巧者で、なおかつ、清宮から5打席連続奪三振させた桜井との再戦をファンは見たいはずだ。
もう1点は、近畿大会だ。
神宮枠で1校増えたのが選考を難しくした。なぜなら、通常通りに先行すると大阪の高校が3校選ばれる。
過去に実例のないことだ。その3校目が大阪大会優勝校の上宮太子
比較対象となるもう一つの高校は、奈良の高田商。高田商は奈良大会準優勝校で近畿大会は両校とも準々決勝でコールド負けを喫している。
そう考えると地方大会の成績を優先すると上宮太子になるのだが、どう判断されるかだろう。
私は、大阪大会で優勝しているのだから上宮太子を推したい。
21世紀枠についても実績を考えると、この3校が妥当であろう。

発表が1月27日。
どの高校が選ばれるか楽しみである。

下記は、各日程と地方大会の試合結果です。

【出場校の決定日】
2017年1月27日(金)

【開催期間】

第89回選抜高校野球大会の日程は、2017年3月19日(日)から12日間

 

【組み合わせ抽選日】

2017年3月10日(金)

下記は各地方大会の決勝、および、準決勝、準々決勝の詳細です。

<北海道> 1校
 ◎札幌第一

(決勝)

 札幌第一 8-2 札幌日大

 札幌第一 200|303|000|8
 札幌日大 000|001|010|2

 ●投手
 札幌第一:前田
 札幌日大:福内→木山→石井
 ●本塁打

<東北> 2校
 ◎仙台育英<
 ◎盛岡大付

(決勝)

 仙台育英 6-2 盛岡大付

 仙台育英|104|000|010|6
 盛岡大付|000|001|010|2

 ●投手
 仙台育英:長谷川→佐川→西巻
 盛岡大付:三浦瑞→平松
 ●本塁打
<関東・東京> 6校
作新学院
東海大市原望洋
前橋育英
健大高崎
早稲田実
日大三
△慶応

■関東

(決勝)

 作新学院 5-1 東海大市原望洋

 作新学院 |0 0 0|3 0 0|2 0 0|5
 東海大市望|0 0 0|0 1 0|0 0 0|1

 ●投手
 作新学院 :大関
 東海大市望:金久保

 ●本塁打
 樋口(作)

(準決勝)

 東海大市望 5 - 3 前橋育英
 作新学院  5 - 1 健大高崎

(準々決勝)
 作新学院  9 - 1 中央学院 (7回コールド)
 健大高崎  5 - 2 横浜
 東海大市望 5 - 2 山梨学院
 前橋育英  4 - 3 慶応

■東京

(決勝)

 早稲田実 8-6 日大三

 日大三 |100|030|002 |6
 早稲田実|010|300|004x|8

 ●投手
 日大三 :桜井
 早稲田実:中川→赤嶺→石井

 ●本塁打
 金成(日)、野村(早)

<北陸> 2校

福井工大福井
高岡商

(決勝)

 福井工大福井 7-1 高岡商

 福工大|032|100|010|7
 高岡商|000|000|001|1

 ●投手
 福工大:摺石
 高岡商:伏見→土合

 ●本塁打
 北川(福)

<東海> 2校

◎静岡
至学館

(決勝)

 静岡 5-1 至学館

 静岡 |010|301|000|5
 至学館|000|000|100|1

 ●投手
 静岡 :竹内→池谷
 至学館:川口→新美

 ●本塁打

<近畿> 7校 (神宮枠1校)

履正社
神戸国際大付
大阪桐蔭
滋賀学園
智弁学園
報徳学園
上宮太子
△高田商

(決勝)

 履正社  8 - 2 神戸国際大付

(準決勝)
 神戸国付 5 - 3 大阪桐蔭
 履正社  6 - 3 滋賀学園

(準々決勝)
 神戸国大 11 - 3 上宮太子 (7回コールド)
 履正社   7 - 0 高田商  (8回コールド)
 滋賀学園  1 - 0 報徳学園
 大阪桐蔭  6 - 4 智弁学園

(1回戦)
 滋賀学園 13 - 6 智弁和歌山 (8回コールド)
 報徳学園  9 - 7 東山
 上宮太子  7 - 5 高野山
 履正社   8 - 1 育英 (7回コールド)
 高田商   9 - 8 和歌山東 (延長13回)
 智弁学園  6 - 4 京都翔英
 大阪桐蔭  7 - 0 龍谷大平安 (7回コールド)
 神戸国大  9 - 0 近江 (7回コールド)

<中国・四国> 5校

宇部鴻城
◎市呉
創志学園
明徳義塾
鳥取城北
帝京五

●中国

(決勝)

 宇部鴻城 13 - 2 市呉

(準決勝)
 宇部鴻城 3 - 2 創志学園
 市呉   6 - 3 鳥取城北

●四国
(決勝)

 明徳義塾 11 - 2 帝京五

(準決勝)
 帝京五   5 - 3 英明
 明徳義塾 10 - 2 済美 (8回コールド)

 <九州> 4校
 ◎福岡大大濠
 ◎東海大福岡 
 ◎熊本工
 ◎秀岳館

(決勝)

 福岡大大濠 4 - 3 東海大福岡

(準決勝)
 東海大福岡 2 - 1 熊本工
 福岡大大濠 5 - 0 秀岳館

21世紀枠
 ◎関東東京 石橋(栃木県)
 ◎四国 中村(高知県)
 ◎東海 多治見(岐阜県)

●地区推薦校
 北海道 富良野
 東北 不来方(岩手県)
 関東東京 石橋(栃木県)
 北信越山東(富山県)
 東海 多治見(岐阜県)
 近畿 洛星(京都)
 中国 倉吉東(鳥取県)
 四国 中村(高知県)
 九州 高千穂(宮崎県)

<北海道>
 富良野 北海道大会ベスト8
 北海道大会で優勝した札幌第一に準決勝で敗れた遠軽に準々決勝で2-8で敗れている。
 遠軽は準決勝で札幌第一に2-18の6回コールド負けしている。
<東北>
 不来方 岩手大会準優勝
 決勝の相手は盛岡大付で0-9と大差で敗れている。
 だが、盛岡大付は東北大会で準優勝の成績を残している。
<関東東京>
 石橋 栃木大会準優勝
 決勝の相手は、昨夏の甲子園優勝校作新学院。6回まで同点の1-1で互角の戦いを見せた。
 決勝まで実力校の白鴎大足利文星芸大付を破っての決勝進出。
北信越
 富山東 富山大会準優勝
 決勝は、北信越大会準優勝の高岡商業に2-18と大敗。
 北信越大会決勝進出した高岡商業福井工大福井に1-7と敗れている。
<東海>
 多治見 岐阜大会優勝
 東海大会準優勝校至学館東海大会の準々決勝で1-2と惜しくも敗れる。
<近畿>
 洛星 京都大会ベスト8
 準々決勝で龍谷大平安に0-5を敗れている。
<中国>
 倉吉東 鳥取大会4位
 アピールポイントなし。
<四国>
 中村 四国大会ベスト8
 高知大会決勝では名門・明徳義塾に2-0で勝利し、優勝を飾っている。
<九州>
 高千穂 宮崎大会準優勝
 九州大会初戦となる2回戦・れいめい戦に0-5で敗れる。