読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

清宮と安田の東西スラッガーが注目されている今年の高校生ドラフト候補たちを紹介

野球 野球-高校野球

各新聞から報道されている各球団が清宮を注目している2017年のドラフト。
清宮と安田以外にも逸材が多く、それらを紹介する。

まず最初に紹介したいのは、日大三のエース左腕・櫻井周斗だ。
秋の東京都大会決勝で、注目されている清宮から圧巻の5打席連続三振を奪う。この試合は惜しくも野村に手痛い一発を打たれ、サヨナラ負けを喫したが左右関係なく打者の内角を突き、キレのいいスライダーを武器に三振の山を築いた。
打撃センスも兼ね備える選手だ。
そしてもう一人、この試合で実力を見せたのが日大三の4番・金成 麗生。
この試合は、5打数4安打5打点の活躍を見せ、3打席目はスリーランを放ち同点ホームランを放っている。
彼の素晴らしいところは、最近まで投手をやっていたらしく、夏後に打者転向したばかり。今後の伸びしろがあり、まだまだ粗削りなところは多いが打席の雰囲気と末恐ろしいパワーの持ち主だ。
ミート力も兼ね備え、練習と経験を積めば一躍全国に名を轟かせる存在になる。

下記は、甲子園経験者など実績のある選手を紹介。

<投手>
・藤井 黎来 大曲工
常時140㌔前後の重いストレートを投げ、落差の大きいカーブとキレのいいフォークを投げる。

ストレートの質と変化球の制球力が向上すれば面白い投手になる。


・櫻井 周斗 日大三
直球とスライダーのコンビネーション。一級品のキレのいいスライダーが持ち味。
左右関係なく内角を突ける制球力から投手センスの高さを伺える。

・吉松 塁 山梨学院
制球力のいいスリークォータ左腕。
回転のいいノビのあるストレートとキレのいいスライダーのコンビネーション。

・赤木 聡介 いなべ総合
ノビのあるストレートとスライダーのコンビネーション。

・神村 月光 滋賀学園
小柄ながら体全体を使い、ノビのあるストレートを主体に落差の大きいキレのあるカーブ等
多彩な変化球を低目に集める。フィールディングがうまい。

・竹田 祐 履正社
ノビのあるストレートとキレのいいスライダーが持ち味。

・川端 健斗 秀岳館
クセのないオーバースローのしなやかな腕の振りをする本格派左腕。
ノビのあるストレートと落差の大きいカーブのコンビネーション。
空振りの取れるストレートが魅力。


・古屋敷 匠真(八戸工大一
・吉住 晴斗(鶴岡東)
・石川 翔(青藍泰斗)
・金久保 優斗(東海大市原望洋)
・宮路 悠良(東海大高輪台
・清水 力斗(星稜)
・岡林 飛翔(菰野
・平元 銀次郎(広陵
・森井 絃斗(板野)
・山口 翔(熊本工)

<野手>
・福永 奨(横浜)
強肩強打

・中村 奨成(広陵
長打力があり、俊足で素早いスローイングが出来る強肩捕手。

・金成 麗生(日大三
打席の雰囲気がとてもいい。粗削りながら末恐ろしいパワーの持ち主。

・清宮幸太郎(早稲田実
無駄のないコンパクトなスイング。低めのボールを上手く打つ。
縦に落ちる変化球に脆さを感じる。

・峯村 貴希(木更津総合
強肩堅守。
堅実な守備で捕球から送球までの動きが速く、非常に守備力が高い。
守備だけなら№1ショート。

・嶋谷 将平(宇部鴻城
長打力があり懐の深い打撃、フットワーク、グラブ捌きの良い遊撃手。
捕ってから投げるまでのスピードが速い。この世代№1遊撃手。

・安田 尚憲(履正社
広角に打てパワーもあり、ミート力高く、バットコントロールが良い強打者。
構えのいい打撃フォーム。長打力のある広角打者。守備もうまく強肩。

・鈴木 萌斗(作新学院
走攻守、足を活かしたプレー

・増田 珠(横浜)
長打力のある三拍子揃った外野手

・正木 智也(慶應義塾
長打力が魅力の右のスラッガー

・岡田 悠希(龍谷大平安
打撃センスのいい左投手を苦にしない外野手。


・若林 将平(履正社
・福元 悠真(智弁学園
・西浦 颯大(明徳義塾
・寺西 建(星稜)
・太田 英毅(智弁学園
・木本 凌雅(秀岳館
・村上 宗隆(九州学院
・後藤 克基(滋賀学園

最後に、上記に載せた選手以外にも逸材はいる。春にはセンバツ高校野球も開催され、隠れた逸材もいるだろう。
個人的には、センバツ出場すれば楽しみにしている投手がいる。それは高岡商業の3投手。
エースの土合伸之輔は130キロ中盤のストレートと、切れのある変化球を武器に打たせて取る投球の2年生左腕。
そして、189センチの長身右腕・伏見拓真は130キロ中盤の直球と変化球を武器にする。最後に1年生ながら140キロを超える速球を持つ左腕・山田龍聖。
北信越大会準優勝校でもある高岡商業は順当に選ばれれば、甲子園でその投球が見られる。一冬越えてどのくらい成長しているのか楽しみである。

 

glory0301.hatenablog.com