読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

【総評】ドラフト会議を終えて!日本ハム編

10月20日に行われたドラフト会議が終え、日本ハムとしてどのようなドラフトだったのかを振り返ってみよう。

1位 投手  堀 瑞輝(広島新庄高)
2位 内野手 石井 一成(早大
3位 投手  高良 一輝(九産大)
4位 外野手 森山 恵佑(専大
5位 投手  高山 優希(大阪桐蔭高)
6位 投手  山口 裕次郎(履正社高)
7位 捕手  郡 拓也(帝京高)  
8位 投手  玉井 大翔(新日鐵住金かずさマジック)
9位 内野手 今井 順之助(中京高)

現選手を見てみよう。
まずは投手。先発・中継ぎ・抑えで見てみる。

 <投手>
●先発
 右
 大谷翔平(22)、有原航平(24)、高梨裕稔(25)、増井浩俊(32)、浦野博司(27)、中村勝(24)、
上沢直之(22)、 石川直也(20)、立田将太(20)、吉田侑樹(22)、新垣 勇人(31)、メンドーサ

 左
 吉川光夫(28)、加藤貴之(24)、上原健太(22)

●中継ぎ

 谷元圭介(31)、鍵谷陽平(26)、白村明弘(24)、井口和朋(22)、榎下陽大(28)、田中豊樹(22)、屋宜照悟(27)、 斎藤佑樹(28)、バース

 左
 石井裕也(35)、宮西尚生(31)、金平将至(25)、瀬川隼郎(30)

●抑え
 マーティン

※ ()内は現時点の年齢
 

駒は揃っているように見えるが、やはり計算の出来る投手が少ない。
今年は途中から増井を先発に回して先発を5人揃え、ほかのポジションよりは計算ができる投手を揃えている。
あと数年はレベルが落ちることなく、しかも6番手以降も実績・経験のある中村・上沢などが控えている。
問題は中継ぎ以降だ。特に左投手のリリーフは、30を超えているベテラン二人が中心。
だが、金平・瀬川は1軍の壁にぶつかり1軍での活躍は今時点では難しい。
そこで、このベテラン二人の負荷を軽減する投手を今ドラフトで獲得したのは大きい。
その投手は、ドラフト1位・堀 瑞輝(広島新庄高)
U18での活躍でドラフト上位に評価をあげ、しかも高校生の中では一番早くから1軍登板が近いと言われてきた存在。
来季の開幕も、何もなければベテラン左腕二人を今年同様の使われ方をするだろうから疲れが出てきたときに入れ替えの出来る候補としての一番手が堀 瑞輝(広島新庄高)である。
高卒ルーキーながら中継ぎが一番能力が発揮できるタイプ。チームの補強ポイントにピッタリの投手を獲得した。
タイプ的には同チームメイトの宮西によく似ているので宮西の後継者として入団後は活躍してほしい。
ちなみに、ハズレ1位として予想をしていたので獲得して、ホントにうれしく思う投手の一人です。
他にも、高校生では高山 優希(大阪桐蔭高)・山口 裕次郎(履正社高)は下位指名ながら実力のある投手を獲得し、将来の左のエース候補を獲得している。
即戦力としては、先発強化の高良 一輝(九産大)
プロ相手にストレートがどのくらい通用するかによって活躍するかどうかが決まる。
今シーズンはケガなどもあり、思うような成績を残せていないが、ストレート・変化球のキレと制球は素晴らしい。

最後に、投手は左投手不足を補うことは出来たが、来年も抑えに不安を残すことになった。
来年のシーズンが始まる前にマーティンの弱点を克服させるか・新たな新戦力をとるか。

続いて野手は、若手が多く中田を中心とした小技・長打とソツのない攻撃が持ち味。

●捕手
 市川友也(31)、大野奨太(29)、荒張裕司(27)、石川亮(21)、清水優心(20)

一塁手
 中田翔(27)、大嶋匠(26)

二塁手
 田中賢介(35)、大累進(26)、森本龍弥(22)、太田賢吾(19)

●遊撃手
 中島卓也(25)、渡邉諒(21)、平沼翔太(19)

三塁手
 横尾俊建(23)、高濱祐仁(20)、レアード

●外野手
 矢野謙次(36)、杉谷拳士(25)、岡大海(25)、西川遥輝(24)、谷口雄也(24)、近藤健介(23)、 石川慎吾(23)、松本剛(23)、岸里亮佑(21)、宇佐美塁大(21)、淺間大基(20)、姫野優也(19)

※ ()内は現時点の年齢

投手同様、各ポジションには若手が多い。
来季は、年齢のこともあり田中賢介が守っているセカンドは補強ポイントだろう。
そこで、ドラフト2位指名で守りはもちろんのこと長打力も兼ね備えるバットコントロールのいい石井 一成(早大)を獲得したのは成功と言える。
来季は、セカンド・ショートを中島・田中・石井で使いながら1シーズンを戦うのかなと思わせる指名だった。
そして、FAで去就が注目される陽の外野には強肩強打の森山 恵佑(専大)をドラフト4位で獲得。

野手については、適材適所にドラフトで補強が成功している。

最後に、外野には谷口・杉谷と控えにも1軍経験が豊富な選手が揃っており、それなりの活躍ができる選手がいるが、内野について、特にセカンド・ショートの控えの底上げが急務のように思える。
今ドラフトで獲得した石井と渡邉の活躍次第で定位置争いが激化し高いレベルの競争が繰り広げられそうだ。個人的には、少々守りには目を瞑り打てる選手をどんどん使ってほしい。守備は練習すればうまくなるが打撃はセンスがないといくら練習しても上達が難しいからだ。いい例が巨人・坂本だろう。

以上が今ドラフトで感じたことです。
ドラフト1位で田中・佐々木と抽選でハズレはしましたが、なかなかいいドラフトだったのではないでしょうか。

もう一つ、山口 裕次郎(履正社高)についてです。
入団拒否し社会人へと情報が出ているがぜひ入団して下さい。
私もそうですが、ファンも入団してくれることを祈ってます。

来年から入団する選手たちの活躍で強い日本ハムが常勝としての歴史が築き上げられます。

 

glory0301.hatenablog.com