読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

【総評】ドラフト会議を終えて! 広島編

野球 野球-プロ野球

10月20日に行われたドラフト会議が終え、広島のドラフトはどうだったのかを振り返ってみます。

1位 投手 加藤 拓也(慶大)
2位 投手 高橋 昂也(花咲徳栄高)
3位 投手 床田 寛樹(中部学院大)
4位 捕手 坂倉 将吾(日大三高
5位 投手 アドゥワ 誠(松山聖陵高)
6位 投手 長井 良太(つくば秀英高)

 現選手を見てみよう。
まずは投手。先発・中継ぎ・抑え。

 <投手>
●先発
 右
 福井優也(28)、野村祐輔(27)、九里亜蓮(25)、薮田和樹(24)、岡田明丈(23)、辻空(22)、
 中村祐太(21)

 左
 横山弘樹(24)、塹江敦哉(19)、高橋樹也(19)、ジョンソン

●中継ぎ
 右
 今井啓介(29)、小野淳平(29)、西原圭大(28)、中田廉(26)、一岡竜司(25)、今村猛(25)、
 大瀬良大地(25)、藤井皓哉(20)、ジャクソン、ヘーゲンズ

 左
 江草仁貴(36)、中村恭平(27)、飯田哲矢(25)、オスカル(25)、戸田隆矢(23)

●抑え
 中﨑翔太(24)

※ ()内は現時点の年齢
 

来季は、黒田が引退するが、先発はジョンソン・野村・福井・岡田・九里・薮田など駒は揃っている。
中継ぎ・抑えについても今村・大瀬良・一岡・中崎と強力なリリーフ陣。
ここ数年、ドラフトで大学から即戦力となる投手を指名してきたことが今現状の投手陣を支えている。
一見、投手陣は万全なようにみえるが左投手が不足している。
先発の左投手として外国人のジョンソンを補強をしているが、中継ぎも併せて計算の出来る他の左投手はおらず、補強ポイントとして、中継ぎの左投手が最重要課題と思える。

今ドラフトをみると左投手は、2位・高橋 昂也(花咲徳栄高)と3位・床田 寛樹(中部学院大)で補強を行っている。
だが、挙げた二人については即戦力の中継ぎとして使えるかどうか、そもそも中継ぎとして獲得したのかも不明。
高橋については、将来の左のエースとして獲得したと思えるが、床田については線も細く、まだ素材型と言える大学生投手。
だが、投手らしい体型の左腕であり、キレの良い直球と変化球を内外角低めに投げ分けられる。

最後に、パワー型の連投ができ、中継ぎ強化もできる即戦力右腕・加藤と将来的に左のエース候補、高橋を取り、現状での上積みはあまり見込めないが強力な投手陣を誇るだけに、将来を担うドラフト指名だったのではないかと思う。

続いて野手は、高校生捕手・坂倉を指名しただけだが、ホントにそれだけで良かったのかを見てみよう。

●捕手
 石原慶幸(37)、白濱裕太(30)、會澤翼(28)、中村亘佑(25)、磯村嘉孝(23)、船越涼太(22)、
 多田大輔(20)

一塁手
 新井貴浩(39)、青木陸(18)

二塁手
 菊池涼介(26)、上本崇司(26)、庄司隼人(25)、西川龍馬(21)、木村聡司(20)

●遊撃手
 田中広輔(27)、桒原樹(20)

三塁手
 梵英心(36)、小窪哲也(31)、安部友裕(27)、堂林翔太(25)、美間優槻(22)、西川龍馬(21)、
 ルナ

●外野手
 廣瀬純(37)、中東直己(35)、赤松真人(34)、天谷宗一郎(32)、松山竜平(31)、岩本貴裕(30)、
 下水流昂(28)、丸佳浩(27)、土生翔平(27)、野間峻祥(23)、髙橋大樹(22)、鈴木誠也(22)、
 エルドレッド

※ ()内は現時点の年齢

投手同様、各ポジションには若手が多い。

捕手については、石原・會澤との併用でシーズンを乗り切り、3番手捕手・磯村は、1軍の試合を経験しながら育成中。
二遊間については、今や不動となった菊地・田中。サードは今年ブレイクの安部。
外野は、丸・鈴木・松山・エルドレッドなどと野手は万全のように見える。
そして、ファームでも二遊間を桒原と庄司、外野を野間と次世代のレギュラーを育成している。
順調に選手が出てきて、各ポジションに核となる選手が揃っている印象。
強いていうなら、高校外野手の指名を出来ればよかったかなと。
ベテランの多い外野手について、伸び悩んでいる高橋もおり、高校生外野手・清水陸哉(SB・育成5位)を指名しても良かったのかなと思いました。

広島は、的確なドラフト指名を行い、今年の快進撃に繋げた毎年良いドラフトを行ってます。
投手はもちろん、野手は打撃センスのいい選手を積極的に指名し、今後が楽しみなチーム構成です。