読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

【総評】ドラフトを終えて!楽天編

野球 野球-プロ野球

10月20日に行われたドラフト会議が終え、楽天のドラフトはどうだったのかを振り返ってみます。
1位 投手  藤平 尚真(横浜高)
2位 投手  池田 隆英(創価大)
3位 外野手 田中 和基(立大)
4位 投手  菅原 秀(大体大)
5位 投手  森原 康平(新日鉄住金広畑)
6位 投手  鶴田 圭祐(帝京大準硬式野球部)
7位 投手  野元 浩輝(佐世保工高)
8位 捕手  石原 彪(京都翔英高)
9位 投手  高梨 雄平(JX-ENEOS)
10位 投手  西口 直人(甲賀健康医療専門学校

現選手を見てみよう。
まずは投手。先発・中継ぎ・抑え。

<投手>
●先発

美馬 学(30)、戸村 健次(29)、菊池 保則(27)、則本 昂大(25)、釜田 佳直(23)、
古川 侑利(21)、安樂 智大(20)


辛島 航(26)、塩見 貴洋(28)、森 雄大(22)

●中継ぎ

青山 浩二(33)、武藤 好貴(29)、入野 貴大(27)、福山 博之(27)、宮川 将(26)、
石橋 良太(25)、小野 郁(20)


金刃 憲人(32)、西宮 悠介(25)、濱矢 廣大(23)、大塚 尚仁(22)

●抑え
松井 裕樹(21)

※ ()内は現時点の年齢
 
今季はエース・則本を中心に美馬・塩見・辛島と右肩痛から復活した釜田と先発の駒は揃い始めてきた。
この5人以外にも、安樂・菊池と1軍での先発を経験し、来季への活躍を期待したい。
だが、今季は貯金のできた先発は釜田のみであり、先発即戦力投手を指名し、より先発強化を図りたい。
だが、ドラフト1位には高校ビッグ3の一人。藤平 尚真を指名。
う~ん…。即戦力の勝てる投手を取りに行くべきじゃないのかな??
高校ビッグ3と言われていても、いきなり10勝出来る投手とは思えない。
ノビのあるストレートは力もあり、スライダーのキレもいいけど、早くても2・3年後だろう。
ドラフト2位の池田 隆英は藤平 尚真とよく似たタイプで、上から順にいい投手を指名したかのような指名だ。
これもあまりいい指名とは評価しづらく、池田 隆英のイメージは制球難。
そして、4位の菅原 秀も制球難のイメージ。
5位の森原 康平は即戦力の中継ぎ右腕だそうだが見たこともないので、評価は差し控える。
下位にも投手を指名しているが、即戦力として活躍しそうな投手は難しく、FAで岸を獲得できたのは好材料

そして、野手を見ていこう。
細川を獲得したので追加。

●捕手
細川 亨(36)、嶋 基宏(31)、伊志嶺 忠(31)、足立 祐一(27)、小関 翔太(25)、下妻 貴寛(22)、
堀内 謙伍(19)

一塁手
銀次(28)、中川 大志(26)

二塁手
藤田 一也(34)、柿澤 貴裕(22)

●遊撃手
哲朗(25)、三好 匠(23)、吉持 亮汰(23)、茂木 栄五郎(22)、村林 一輝(19)

三塁手
今江 敏晃(33)、阿部 俊人(27)、内田 靖人(21)

●外野手
松井 稼頭央(41)、聖澤 諒(31)、岡島 豪郎(27)、島内 宏明(26)、島井 寛仁(26)、
福田 将儀(24)、オコエ 瑠偉(19)、八百板 卓丸(19)

※ ()内は現時点の年齢

野手で指名したのは、3位・田中 和基と8位・石原 彪
3位の田中 和基は、左右で本塁打を打てる力と肩・走力は一級品だが即戦力と考えると
打撃が物足りなく素材型であり、即戦力とは言い難い。
8位の石原 彪は捕手であり、これからの成長に期待したい。

昨年は、積極的に茂木・吉持を指名し内野強化の狙いがあり、茂木は100試合以上ショートを守るシーズンとなった。
今年も、創設以来の長打力不足を解消するような指名とはならなかった。

今ドラフトは、投打ともに楽天として取るべき人材を指名していないと考えられる。
来年のドラフトでは、ぜひ長打の打てる即戦力野手の指名に期待したい。

来シーズンも外国人頼みだね。
梨田らしい( ´∀` )

最後に、思うように若手が育っておらず、育成力と施設が充実していない楽天に即戦力選手ではなく、有望な将来のある選手が入団すると心配になる。
個人的に、高校生のような完成度の低い選手が育成力と施設が整っていない球団に入るのは残念でならない。
マー君こと、田中将大は今やメジャーで活躍する投手になったが、まだ若い球団であり施設も整っていない、これからの球団。
則本を指名したときのように日本生命との関係を壊してまで即戦力を指名してほしい。
来年は、長打力のある即戦力野手重視のドラフト指名に期待したい。
毎年、楽天は現在の戦力を把握せず、本来必要としている選手を指名せず、その年のいい選手を指名している。その結果が今の成績であり外国人頼みのチーム編成。将来的にどのような編成を描いているのか疑問に感じる球団である。