読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

【総評】ドラフトを終えて! ソフトバンク編

野球 野球-プロ野球

10月20日に行われたドラフト会議が終え、ソフトバンクのドラフトはどうだったのかを振り返ってみます。
1位 投手  田中 正義(創価大)
2位 投手  古谷 優人(江陵高)
3位 捕手  九鬼 隆平(秀岳館高)
4位 内野手 三森 大貴(青森山田高)

 現選手を見てみよう。
まずは投手。(先発・中継ぎ・抑え)
FAの福森は除いています。

<投手>
●先発

松坂 大輔(36)、中田 賢一(34)、攝津 正(34)、東浜 巨(26)、二保 旭(26)、
千賀 滉大(23)、武田 翔太(23)、松本 裕樹(20)、髙橋 純平(19)、小澤 怜史(18)、
バンデンハーク


和田 毅(35)、大隣 憲司(31)、山田 大樹(28)、笠原 大芽(21)

●中継ぎ

五十嵐 亮太(37)、寺原 隼人(33)、岩嵜 翔(27)、岡本 健(24)、加治屋 蓮(24)、
森 唯斗(24)、石川 柊太(24)、星野 大地(23)、スアレスバリオス


嘉弥真 新也(26)、飯田 優也(25)、島袋 洋奨(24)

●抑え
サファテ

※ ()内は現時点の年齢
 

今シーズン、先発は、和田・中田・武田・千賀・東浜を中心に摂津・バンデンハーグ等を使いながらシーズンを戦ってきた。
武田・千賀・東浜の3投手は若いうえに10勝を計算できるぐらい成長している。
先発の左投手は和田だけだが、今年は大隣が不在だった。ファームでも笠原が好成績を残し、未来の左エースへと成長している。
ドラフト1位で獲得した田中 正義を獲得し、より先発強化が図れた。
ただ、田中 正義は全盛期の球はまだ投げれていないゆえに、クイック・牽制とまだまだ未完成なところもあり覚えることが多く、即戦力というほど完成度が高くない。
ただ全球団一の選手層であり、その辺を来季の前半で習得し後半から戦力になればいいだろう。
FA移籍が濃厚の森福の穴を誰が埋めるのかが左打者対策のカギになりそうだが、今ドラフトでは補強がされていないのが不安である。

続いて野手は、長年正捕手を固定できていない捕手については、3位で九鬼を獲得し将来の正捕手候補を獲得している点は評価できる。
では、野手を見てみよう。

●捕手
鶴岡 慎也(35)、高谷 裕亮(35)、斐紹/山下 斐紹(24)、栗原 陵矢(20)、谷川原 健太(19)、拓也/甲斐 拓也(24)

一塁手
内川 聖一(34)、明石 健志(30)、黒瀬 健太(19)

二塁手
本多 雄一(32)、牧原 大成(24)、古澤 勝吾(20)

●遊撃手
川島 慶三(33)、髙田 知季(26)、今宮 健太(25)、曽根 海成(21)、川瀬 晃(19)

三塁手
松田 宣浩(33)、塚田 正義(27)、茶谷 健太(18)

●外野手
吉村 裕基(32)、長谷川 勇也(31)、城所 龍磨(31)、江川 智晃(30)、柳田 悠岐(28)、
中村 晃(27)、福田 秀平(27)、釜元 豪(23)、真砂 勇介(22)、上林 誠知(21)、
金子 将太(20)、幸山 一大(20)

※ ()内は現時点の年齢

現戦力選手に加え、こちらも次世代のレギュラー候補が数々いる。
中でも、拓也・牧原はファームでも好成績を残している。
そして、上林・真砂は次世代のスター選手でもある。
ドラフトで指名したのは九鬼と三森。
九鬼は、投手の特徴を把握した投手を生かすリードが持ち味で日本を代表とする捕手になるだろう逸材。
そして、三森は非力ながら三拍子揃った選手。
長年、固定のできなかった捕手と将来を見添えた指名をしている。

全球団一と言える選手層。
そして、莫大な財力によって育成でも活躍の可能性のある有望な選手を掻き集めている。

最後に、現戦力は現状でも十分な戦いを出来るゆえ、指名を4位で切り上げたのはわかるが、中継ぎの左投手を指名しなかったことに疑問がある。
指名する投手がいなかったのであればよいが、なんども言うが現戦力で十分な戦力であるがゆえ、将来性を重視しているドラフト戦略だった。