いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

【総評】ドラフトを終えて!DeNA編

10月20日に行われたドラフト会議が終え、DeNAのドラフトはどうだったのかを振り返ってみます。

1位 投 濱口 遥大(神奈川大)
2位 投 水野 滉也(東海大北海道)
3位 内 松尾 大河(秀岳館高)
4位 投 京山 将弥(近江高)
5位 投 細川 成也(明秀日立高)
6位 投 尾仲 祐哉(広島経済大)
7位 内 狩野 行寿(平成国際大)
8位 投 進藤 拓也(JR東日本
9位 内 佐野 恵太(明大)

現選手を見てみよう。
まずは投手。先発・中継ぎ・抑え。

●先発
 右
 久保 康友(36)、井納 翔一(30)、三嶋 一輝(26)、国吉 佑樹(25)、熊原 健人(23)、
 飯塚 悟史(20)

 左
 石田 健大(23)、今永 昇太(23)、砂田 毅樹(21)

●中継ぎ
 右
 高崎 健太郎(33)、加賀 繁(31)、藤岡 好明(31)、須田 幸太(30)、小杉 陽太(30)、
 平田 真吾(27)、三上 朋也(27)、小林 寛(27)、柿田 裕太(24)、田村 丈 (24)、
 綾部 翔(19)
 左
 林 昌範(33)、大原 慎司(31)、田中 健二朗(27)、福地 元春(26)、野川 拓斗(25)

●抑え
 山﨑 康晃(24)

※ ()内は現時点の年齢
 

近年、積極的な即戦力投手をドラフトで指名し、FAで山口が抜けたとしても十分戦える戦力は整ってきた。
今季は、井納・久保・石田・今永・山口など年間を通して先発を務めている。6番手以降にも三嶋・砂田・熊原など将来豊かな投手がいる。
抑えには絶対的守護神・山崎がおり、中継ぎには経験豊富なベテラン陣が顔を揃える。
では、ドラフト指名した投手・6名を紹介する。
ドラフト1・2位には濱口遥大・水野滉也。先発左腕と横手投げ中継ぎ投手の即戦力投手を指名している。
濱口遥大は肘を柔らかく使った左上手から振り下ろす最速151㌔直球を投げる左腕。常時130㌔台後半から140㌔台中盤の威力のあるストレートと100㌔前後~110㌔台のチェンジアップ、110㌔前後のカーブ、110㌔台~120㌔前後のスライダー。真っすぐとチェンジアップとの緩急が投球スタイルで、荒れ球が特徴ながらも両サイドに投げ分ける技術を持っている。
そして、水野滉也は一級品のキレのいいスライダーを投げる。ともに即戦力として獲得している。
その他4名については、将来性のある高校生の京山・細川を指名し、尾仲・進藤の二人は素質の高い投手を指名しバランスの良い指名をした。


続いて野手を見てみよう。

●捕手
 黒羽根 利規(29)、西森 将司(28)、戸柱 恭孝(26)、嶺井 博希(25)、髙城 俊人(23)、
 網谷 圭将(19)、亀井 塔生(19)

一塁手
 後藤G武敏(36)、白根 尚貴(23)

二塁手
 石川 雄洋(30)、宮﨑 敏郎(27)、百瀬 大騎(19)

●遊撃手
 倉本 寿彦(25)、柴田 竜拓(22)

三塁手
 白崎 浩之(26)、山下 幸輝(23)、飛雄馬(25)、山本 武白志(18)、山崎 憲晴(29)

●外野手
 筒香 嘉智(25)、桑原 将志(23)、梶谷 隆幸(28)、関根 大気(21)、乙坂 智(22)、
 荒波 翔(30)、青柳 昴樹(19)、下園 辰哉(32)、松本 啓二朗(30)

※ ()内は現時点の年齢

今季後半の主なスタメンを見てみる。
1.桑原 将志(中)
2.石川 雄洋(二)
3.ロペス  (一)
4.筒香 嘉智(左)
5.梶谷 隆幸(右)
6.倉本 寿彦(遊)
7.宮﨑 敏郎(三)
8.戸柱 恭孝(捕)
9.投手

上記のスタメンのほかに白崎や髙城も起用されることがある。
各ポジションに若い選手が多く、固定できていないのは三塁手だけのように思われる。
今季はそのポジションに、白崎を中心にエリアン・山下・宮崎を起用している。そして、二塁手の石川は30歳となり、手遅れにならないうちに次期候補者の育成を指名したい。
では、野手の指名は、大学生2人、高校生1人の計3人。
3位の松尾は、将来性豊かな打撃もよく強肩俊足の三拍子揃った選手で、順調に成長すれば楽しみで内野の一角を狙える好素材である。
7位の狩野は、長打力も兼ねる強肩好守で俊足が売りの選手。
9位の佐野は、打撃センスがあり、長打力のある選手。
佐野は1軍でもそれなりに活躍できそうな好選手だが、守りを考えるとサードに挑戦するだろうから守備次第でチャンスがあるかもしれない。

最後に、今ドラフトを考えると現状の戦力を熟知したバランスの良い指名が出来ていると思われる。
投手陣はそれなりに整備され、即戦力投手を上位で指名し、先発・中継ぎ強化がされている。
野手でも、固定のできなかった三塁手を狩野・佐野が出てくると非常に楽しみ。
今シーズン、初のクライマックスシリーズにも進出し、徐々にチーム力が付いてきている印象。
今後もこの調子でやっていってもらいたい。
FA・山口の人的補償候補三塁手が有力と考えられる。