読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

【総評】ドラフトを終えて!巨人編

10月20日に行われたドラフト会議が終え、巨人のドラフトはどうだったのかを振り返ってみます。

1位 内 吉川 尚輝 (中京学院大)
2位 投 畠 世周  (近大)
3位 投 谷岡 竜平 (東芝
4位 投 池田 駿  (ヤマハ
5位 投 高田 萌生 (創志学園高)
6位 投 大江 竜聖 (二松学舎大付高)
7位 投 リャオ・レンレイ (岡山共生高卒)

現選手を見てみよう。
まずは投手。先発・中継ぎ・抑え。

 <投手>
●先発
 右
 大竹 寛(33)、江柄子 裕樹(30)、大竹 秀義(28)、菅野 智之(27)、高木 勇人(27)、
 長谷川 潤(25)、桜井 俊貴(23)

 左
 杉内 俊哉(36)、内海 哲也(34)、今村 信貴(22)、田口 麗斗(21)、吉川 光夫(28)

●中継ぎ
 右
 西村 健太朗(31)、田原 誠次(27)、矢島 陽平(26)、土田 瑞起(26)、
 篠原 慎平(26)、宮國 椋丞(24)、成瀬 功亮(24)、平良 拳太郎(21)、
 與那原大剛(18)
 左
 山口 鉄也(33)、乾 真大(27)、高木 京介(27)、戸根 千明(24)、中川 皓太(22)、
 田原 啓吾(22)、巽 大介(19)
 
●抑え
 澤村 拓一(28)

※ ()内は現時点の年齢
 

今季の先発は、菅野・田口・内海・高木・大竹(寛)が主先発で6番手以降に江柄子・今村・長谷川がいた。来季は復活の目指す手術明けの杉内やトレードで加入の吉川(光)がいる。
中継ぎは山口を筆頭に宮國・西村・田原(誠)・戸根など左右にバランスよく揃っているが山口の不調もあり、絶対的な中継ぎ投手が不在だったように思える。
抑えには澤村といった今季だった。
V奪回のために、どのポジションも補強したいところ。
ドラフト指名した投手は、2位以下の全6名。
ドラ2・畠世周は術後で春季キャンプまでに間に合えば、ローテ候補の一人だ!
そして3・4位は社会人・左右の投手。谷岡・池田の即戦力投手。どのような役割で起用するかに注目したい。
5位以下は将来性を買った投手を指名。
甲子園でもお馴染みの高田。関東では有名な大江。長身の角度のあるストレートが武器のリャオ・レンレイといった指名だった。


続いて野手は、ドラ1・吉川 尚輝のみ。
では、野手を見てみよう。

●捕手
 小林 誠司(27)、實松 一成(35)、相川 亮二(40)、鬼屋敷 正人(25)、宇佐見 真吾(23)、
 河野 元貴(25)、田中 貴也(24)

一塁手
 阿部 慎之助(37)、中井 大介(27)、和田 恋(21)

二塁手
 脇谷 亮太(35)、寺内 崇幸(33)、片岡 治大(33)、藤村 大介(27)、
 増田 大輝(23)

●遊撃手
 坂本 勇人(27)、山本 泰寛(23)、増田 大輝(23)、辻 東倫(22)

三塁手
 村田 修一(35)、吉川 大幾(24)、岡本 和真(20)

●外野手
 長野 久義(31)、立岡 宗一郎(26)、亀井 善行(34)、重信 慎之介(23)、北 篤(28)、
 橋本 到(26)、松本 哲也(32)、堂上 剛裕(31)

※ ()内は現時点の年齢

今季後半の主なスタメンを見てみる。
1.長野 久義 (中)
2.亀井 善行 (右)
3.坂本 勇人 (遊)
4.阿部慎之助(一)
5.村田 修一 (三)
6.ギャレット(左)
7.クルーズ (二)
8.小林 誠司 (捕)
9.投手

上記のスタメンのほかに吉川(大)・寺内・辻・中井などが起用されることがある。
各ポジションにはベテランが引き締め、若手の台頭に期待したいところだ。
その中、セカンドのポジションはここ最近のウィークポイントなっている。
今季はおもにクルーズが守っていたが成績や素行の悪さもあり、深刻な問題となっている。
そこで、ドラフトのハズレとはいえ、どうしても解消したいのか吉川 尚輝を指名した。
大学の日本を代表する内野手で、バッティングセンスのいい選手である。
ただ、性格に難がある選手で、その辺をうまく出来るかがカギとなりそうだ!
果たして、ウィークポイントであったセカンドの悩みを解消できるか。

最後に、今ドラフトを考えると今シーズンを見てわかる通り、投手陣は十分な戦力は整っているが、ベテランの多い野手陣に関して、少々今後が心配でならない。
岡本を筆頭に有望な選手がいるので、若手の台頭に期待したいところだが、今後の高橋監督の手腕に期待したい。