いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

プライベートや買い物していいもの見つけた時♪

2017年プロ野球 日本ハム連覇への不安と期待、そして、セパ両リーグの順位予想

今年もいよいよ明日からプロ野球が開幕!!

年々、我が物のように球団を牛耳る栗山が率いる日本ハムの二連覇はあるのか。そして、連覇への不安要素と期待。

昨年は劇的なリーグ優勝と日本一に輝いた日本ハム。今年もリーグ優勝と日本一連覇へと期待したい。
今年も例年通り補強を行なっている。若手左腕新外国人エスコバー投手獲得、巨人の太田公文をトレードで獲得、そして、ドラフトでは大型即戦力内野手石井を獲得した。
では、不安要素とは?
昨シーズン途中から先発を任された増井は元のポジションに戻り、1つ空いた先発の穴を誰が埋めるのか気がかりである。そして二遊間。
満身創痍ながら出続けているベテラン田中賢介とカットマンと称される中島卓也
1つ空いた先発の穴は誰が埋めるのか。この2人に期待したい。上沢と浦野だ。故障明けであるが実績もあり、オープン戦でも安定感のある投球を見せてくれた。シーズンを通して大谷有原高梨加藤の4人を基本に、もう1人もしくは2人の先発は欲しい。その枠に十分期待に答えられる投球を披露出来たのではないだろうか。2人の外国人投手はいるが、メンドーサとエスコバーは期待しない方が良いだろう。
二遊間について、全試合出場は難しいだろう田中賢介のポジションには、休養も兼ねてスタメンを外れた場合、オープン戦同様、石井や横尾が守りそうだ。横尾はオープン戦で打撃好調をアピールし、開幕後もチャンスを与え、そのままレギュラーを取って欲しい。
カットマン中島は、昨シーズン前半こそ3割を超える打撃好調ではあったが、結局2割中盤弱ぐらいだった。嫌らしい打撃が持ち味だが三振も多いのが特徴。守備走塁と評価はされているが打撃は嫌らしいが怖さに欠ける。そして、彼自身の能力がピークに達しているように思われこれ以上の向上に期待は出来ないとみる。
彼が打撃不振に陥った場合には、私は、プロの水にいち早く馴染ませ中島と競い合い遡上効果を期待し、石井の抜擢をトライして欲しい。
今年のキーマンは、投手では武田久。そして、野手は石井と横尾。
近年、武田久は思うような成績を残せず厳しいシーズンを送って来た。今年は、オープン戦から好調をアピールし、全盛期に近いパフォーマンスを魅せている。彼には若手の多い投手陣の精神的支柱を期待したい。そして、野手の2人は内野の遡上効果をもたらせてくれるだろうと期待する。

栗山は、固定メンバー・贔屓メンバーを起用する傾向が強く、特に野手では、例えば中島がケガしたとき、果たして誰が代役として起用されるのか想像できない。
リザーブメンバーとスタメンの力の差があり、選手層の薄さなど課題の多い監督の方針に不安を感じる。主要メンバーにけが人が続出したときに栗山の力の無さを思い知るだろう。

最後に、セ・パ両リーグの順位予想。

セ・リーグ

1位.DeNA
2位.広島
3位.阪神
4位.巨人
5位.ヤクルト
6位.中日

パ・リーグ

1位.ソフトバンク
2位.ロッテ
3位.楽天
4位.西武
5位.日本ハム
6位.オリックス