いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

【2018夏の甲子園】優勝予想と注目選手!!

夏の甲子園が開幕!!優勝候補を考えてみた。
優勝候補は大阪桐蔭が筆頭。さらには、大阪桐蔭に引けを取らない選手層の厚い横浜高校、春のセンバツ準優勝校の智辯和歌山が優勝候補として挙げられる。また、龍谷大平安、星稜、浦和学院創志学園も力がある。この中でダークホースと言っては失礼なぐらい注目したい高校が創志学園

創志学園は、最速150キロの直球とキレがあり落差のあるスライダーが武器の2年生エース西と、岡山大会で5試合連続本塁打の大会記録を作った4番金山がいる。
岡山大会の準決勝ではドラフト上位候補の引地がいる倉敷商業戦。戦前からロースコアの投手戦になると予想の試合は予想通りの投げ合いで、2-0と完封で投げ勝ったのが2年生の西。しかも引地から先制のソロを放ったのが打の中心選手の金山だ。他にも打には背番号「6」ながらレフトを守る中山も広角に打ち分け、岡山大会では2本塁打と長打も打てる選手がいる。投では西純矢、打では金山昌平と投打に注目したい選手。初戦は好投手・川原陸がいる創成館だが初戦突破すれば勢いに乗り優勝を狙えると見る。他にも龍谷大平安のエース・小寺に注目。あまり知られていないのか今大会の注目選手としても挙がっていないが投手らしい体型で伸びのある回転のいいストレートとキレがあり落差の大きい縦スラが魅力で制球がいい投手。そして、龍谷大平安には勝負強い松田憲之朗もいる。ショートを守っており活躍次第ではドラフト上位候補に挙がる選手。もちろん他にも注目したい選手はいるがそれは「2018甲子園の組み合わせと注目選手 」の記事を見てください。
前述にも書いた通り創志学園は初戦突破すれば、大阪桐蔭や横浜の実力校の対抗馬になるだけの選手がそろっている。個人的に西純矢は気持ちのこもった投球スタイルは好みで、まだ2年生ながらストレートとスライダーは超一級品。今年のドラフトでも上位12人に挙がるだけの逸材とみる。果たして大阪桐蔭の2度目の春夏連覇なるか!?それとも…。

ベスト8進出予想
・星稜
大阪桐蔭
智弁和歌山
・横浜
創志学園
龍谷大平安
報徳学園
浦和学院

 

glory0301.hatenablog.com