いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

ヤクルトの戦力評価2019

昨シーズンはセ・リーグ2位の成績を収めた東京ヤクルトスワローズ。チーム防御率は4.13、チーム打率は.266とセ・リーグトップの高打率。そして、チーム得点圏打率セ・リーグトップ。ベテランが多い野手陣営だが着実に若手が出てきている。問題は投手陣。特に先発の駒が足りなかった。
では、現戦力で今季はどのような陣営で戦っていくのか予想してみる。

投手陣

昨シーズンは怪我から復帰の小川泰弘が完全復活したのが一番の好材料ではないだろうか。今シーズンは、エース小川泰弘を中心に先発陣を立て直したい。
小川泰弘以外では、ベテランの石川雅規や山中浩史、原樹理、星知弥、高橋奎二、大下佑馬、トレードで加入した高梨裕稔、ブキャナンと頭数は揃っている。計算しずらい投手が多いが、若手には昨シーズンの経験を活かしてキャリアハイを願いたい。そして、秋吉を日本ハムにトレードしたが自由契約となった経験豊富の元ソフトバンク寺原隼人五十嵐亮太の両投手の獲得は大きい。中継ぎの底上げに十分な戦力を獲得した。昨年の実績十分すぎる守護神・石山泰稚が後ろに控えているだけに、先発投手陣がどのくらい仕事をするかにかかっている。

野手陣

ベテランが多い野手陣だが、昨年のルーキー・村上宗隆や塩見泰隆の両野手の若手が楽しみ!!基本は昨年同様のメンバーだろうが、この若い戦力がヤクルト打線を活性化させる!!川端慎吾大引啓次畠山和洋の実力あるベテラン組が控える。

1.坂口 智隆(一)
2.青木 宣親(中)
3.山田 哲人(二)
4.バレンティン  (左)
5.雄平   (右)
6.村上 宗隆(三)
7.西浦 直亨(遊)
8.中村 悠平(捕)
9.投手   (投)

若手のホープ

昨年のファーム成績ながら十分な実績を残した昨年のルーキー・村上宗隆。長打力が魅力だがそれだけでなく盗塁も持ち合わせ、率も残せるパーフェクトプレイヤー。あとは一軍レベルの守備力と経験。将来のクリーンアップ候補!!そして、野手でもう一人挙げたいのが将来のトップバッター・塩見泰隆。青木や雄平を驚かす存在。JX-ENEOSからの社会人出身である俊足外野手。パンチ力を兼ね備え三振の少ない打者!!投手では、間違いなく左腕エースになるだろう高橋奎二を挙げたい。150キロ前後のストレートに多彩な変化球を投げ、キレのいいスライダーが武器の三振の取れる左腕投手。制球に難はあるものの、昨年はプロ初勝利を飾り今年は飛躍の年にしたい。

まとめ

投打ともにベテランが多いチームだが、その中に期待したくなる若手がいる。若手がベテランを脅かす存在になればチームは強くなる。積極的に投手補強を行い、弱点でもあった投手力は確実にアップしている。広島の4連覇を阻むのはヤクルトかもしれない。今年も爆発力のある打線は健在で、あとは投手がどこまで抑えられるか。小川監督体制の第2次シーズンの2年目が始まる。