いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

セパ順位予想2019

昨季は、パ2位・ソフトバンク下剋上を成し遂げ日本一となった。今年もいよいよプロ野球が開幕する。そこでセパ順位予想をしてみる。

f:id:glory0301:20190324094444g:plain

セ・リーグ

リーグ優勝にしたのは巨人。1番の吉川尚輝の成長や丸の加入、そして、昨季不調だった移籍組のゲレーロ・陽が本来の実力を発揮と好材料が多く、投手にも今村信貴と畠世周は先発ローテに名を連ねるだけの実力を身につけている。広島の4連覇を阻止すだけの選手層が整った。2位には実力的に広島。3位の阪神は近本・木浪のルーキーコンビが面白い。投手力はリーグ屈指。打線次第で優勝争いを演じるかもしれない。4位ヤクルトは打線が売りのチーム。そして、村上・塩見と若手が台頭してはいるが投手力に不安を抱え、先発投手不足は否めない。5位DeNAは打線には長打力はあるがチャンスに弱いイメージ。セリーグのダークホース球団と見るがこちらは左腕カルテットの働き次第か。最下位予想の中日は打線は他球団に見劣りしない活発な打線ではあるが、投手全般に選手層が薄く中心選手となる選手も皆無。ドラフト戦略も現状に合った戦略とは言えずいろんな意味でこの位置とする。

パ・リーグ

球界屈指の選手層を誇るソフトバンクを1位と予想。昨季は怪我人が多い中、選手層の厚さでカバーし、リーグ優勝は逃したが日本一に輝いた。今年も怪我人や不調な選手はいるが昨季よりはベストメンバーが揃っている。選手層は頭一つ二つ抜き出ている。2位予想の日本ハムは珍しく補強に力を入れ、台湾から王柏融オリックスから自由契約となった金子弌大を獲得と、今シーズンにかけるフロントの意気込みを感じる。ただ、打線は急造だけにまだ手探りな感があり、抑えの石川が相変わらず不安定と楽しみな反面不安も覗かせる。最下位になる要素も秘めている。3位4位は似たチーム。打線がどれだけ投手をカバーできるか。ロッテは、藤原効果もあり、いい意味の競争が芽生え相乗効果をもたらしている。この点を西武より上とみた。下位2球団は他球団に比べ投手力はあるが打線は破壊力が今一つ。得点力が低いことからこの位置とする。ソフトバンクを中心にパリーグは展開され、他の5球団がそれに続く。ダークホースとしてロッテを挙げる。レアード、バルガスと長打力のある選手を獲得し、打線に破壊力が備わった。あとは投手陣。打ち勝つ野球が出来れば、去年の西武のような事を秘めている。


今年はどこがリーグ優勝し日本一となるのか。