いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

これまでの日本ハムの戦いぶり!!

明日から交流戦が始まるということで、これまでの感想を書いてみようと思う。

ここまで、27勝24敗の貯金3で交流戦を迎えるのは上出来でないかな。開幕当初はオープナーと言われる先発投手を短いイニングで代え、その後も小刻みに投手を起用していくメジャーでは主流となった投手起用策。この策を実戦してみるもののなかなか思うような結果が出ず、最近ではこの策は封印したようだ。そして、新加入の台湾の英雄・王柏融については、打率こそ3割と成績を残してはいるが、助っ人外国人としてみると本塁打といった長打力は少々寂しいものを感じる。まだまだこんなもんじゃないだろうから、より一層の活躍に期待したい。何と言っても打線で一番の注目、そして、期待を背負っている清宮幸太郎の1軍昇格は皆さんも待ちに待ったのではないだろうか。昇格した時期も楽天戦で8対0からの大逆転負けからの影響は少なからずあったであろうこの時期で、これを機に負けがかさみ、4連敗を喫するなどチームの状況も悪く、この状況を打破する狙いもあったこの昇格。実践復帰まもなく時期尚早といったにも関わらず、さすがと言っていいぐらいの昇格後の活躍をみせている清宮幸太郎。チームは清宮の昇格後6勝2敗1引分。引き分けを挟む6連勝と勢いに乗り、交流戦へと挑む。

投手

相変わらず先発投手が揃わないね。好調の有原を筆頭に上沢、加藤の3投手がここまで先発陣を引っ張ている。新加入の金子は投手陣に良い影響力を与えているが自身の成績が思うように振るわず先発投手として再調整となった。ある程度の先発間隔を与えられている杉浦や栗山の期待の大きさを感じる上原と駒が揃っているだけに、先発としてしっかり仕事をこなすと面白くなってきそうだ!そして、昨年も在籍していたロドリゲスは着実に成長の跡を見せ、それなりに計算のできる投手へと成長している。バーベイト、ハンコックの両投手は、昨年のトンキン同様、期待外れだね。トレードで秋吉がきたのは、ホント良かった。昨年から成長が見られない石川直也の乱調で開幕序盤はハラハラの終盤だったが、経験豊富な秋吉がいなかったらこの成績じゃなかっただろう。

野手

大田様や中田といった1発のある選手が打つと試合の流れが変わる。だが、走塁ミスや盗塁失敗、エラーなどでも試合の流れが変わる。今年の日本ハムはミスが多い。特に走塁や牽制死といったミスが多いことが気になる。つまらないミスはできるだけ減らしていかなきゃね。あと、やはり清宮幸太郎はスター選手で何かを持っていると改めて知りました。

まとめ

先発投手の加藤には栗山は頭が上がらないのではないかな??なぜなら、オープナーの要員として使い、都合の良い起用が目立っていたから。先日、ようやく彼らしい粘りの投球を見せてくれた。個人的には10勝ぐらいはできる左腕投手とみているだけに今後の活躍に期待したい。ただ、あの試合は完投してほしかった。させてほしかった。金子も栗山が実施したオープナーの餌食になって、今は再調整中。個人的には先発投手は最低でも6回以上を投げてこそ先発の役割を果たしたとみているだけに有原、上沢以外は先発失格とみている。ただ、この点に関しては監督の起用法によるものもあるので監督、コーチといった首脳陣に”喝”ですね。
DHが使えない試合がある交流戦が始まり、投手だけでなく打線にも今以上のものがある。果たして清宮幸太郎の起用はいかに!!
先日、登板した生田目は予想通りの投球で1軍レベルとは遥かに遠い。この投手のウリは何かなと思ってしまった。直球・変化球ともにダメ、制球はもちろんダメだった。そして、交流戦で1軍デビュー予定の吉田輝星は使えるの??2軍でも長いイニング投げてないのに先発起用??と育成球団と言われているけど、どの選手も中途半端で先発の役割を果たせない投手や打てない野手が多いやん!!しっかりファームで育成しろと言いたい。

最後に、右打者が不足している。ショートが守れて長打力もそれなりにある打者。前にも言ったが、巨人・若林晃弘をトレードで獲得してくれないか!!
走攻守揃った選手で必ず戦力になる。少なからず併殺王・谷内よりマシ!

今年のドラフト1位指名は佐々木朗希投手(大船渡)に決まりましたね!!

 

glory0301.hatenablog.com

 

glory0301.hatenablog.com