いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

今年注目する捕手たちを紹介!! 2020

今年注目する捕手たちを紹介する。

まずは捕手に転向したこの三人。石川県の星稜高校富山県出身の内山壮真。これまで遊撃手として活躍していた。新チームになり、中学まで本職としてやっていた捕手に戻り、これまで通りの活躍ができるか注目される。二人目は、昨年、外野手としてU18に選出され、本塁打を放つなど活躍を見せた栃木県の作新学院・横山陽樹。彼も内山同様、中学までは捕手をやっていた。高校では外野に挑戦し、U18に選出されるだけのセンスの持ち主。打てる捕手として将来に期待がかかる。最後は、静岡県の磐田東・二俣翔一。彼はチーム事情からか2年から遊撃手から捕手にコンバートした選手。攻守の要とも言える中心選手で、打っては主軸を打ち、守っては取ってから投げるまでの速さが魅力である。先日の練習試合では1番•捕手として出場し、6打数6安打2本塁打と大爆発と成長を見てせている。
その他にも、打撃が魅力の印出(中京大中京)、山下(京都外大西)、釣(京都国際)がいる。捕手の中では、特に注目されているのが元阪神タイガース関本賢太郎氏の子でもある大阪府履正社・関本勇輔である。小柄ながらがっちりとした体格から昨年の大阪秋季大会では4本塁打を放つなど長打力を兼ね備え、攻守に活躍した強肩強打の捕手として注目されている。

◆注目高校生捕手
横山 陽樹(作新学院
須永 武志(前橋育英
内山 壮真(星稜)
二俣 翔一(磐田東)
印出 太一(中京大中京
山下 航汰(京都外大西
釣 寿生 (京都国際)
関本 勇輔(履正社

glory0301.hatenablog.com