いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

2020プロ野球順位予想 パ・リーグ編

ようやく本日、2020年のプロ野球が開幕!!
コロナウィルスの影響で通常より2ヶ月半遅れての開幕になる。今年は試合数を120試合に減らし、交流戦、オールスターが中止になる異例の行事日程になり、日本シリーズは11月21(土)と遅い開催になった。
開幕ということで恒例の順位予想をやってみたいと思います。

f:id:glory0301:20200613110048g:plain

順位予想2020
今年は、同一カード6連戦と今までにない取り組みでもあり、チーム状態により、浮き沈みの激しいシーズンになると予想する。そこで、毎年言っている選手層の厚いチームはより安定的に力を発揮し、順位を上げると予想する。
これまで混戦のパリーグと言われてきたが、今年は上位予想の3強時代到来の予感を感じる。リーグ2連覇の西武は秋山の抜けた穴を新外国人・スパンジェンパーグや川越が埋め、強力打線は健在で今年も打ち勝つ野球ができるかがカギとなる。そして、日本一2連覇のソフトバンクは柳田や新加入のバレンティンといった破壊力抜群の主力のいる強力打線に層の厚い投手陣は今年も日本一に一番近い球団だろう。さらに、楽天の石井GMが手腕を発揮したウィークポイントでもある選手層の底上げは評価したい。特に投手陣と内野陣の補強は野球経験者ならではである。特にロッテからの涌井は長いイニング数を投げられる投手であり、長いシーズンには欠かせない投手でもある、球団が変わり、なにより子供が生まれたのはよい機会でもある。心機一転、活躍する条件は揃った。
下位3チームについては、上位との戦力を考えると選手層、打線から見劣りすると考えた。最下位予想のロッテに至っては補強面に疑問が残る。投手力に問題はあるが、美馬やハーマン、新外国人3人の補強は個人的に年齢も踏まえ未知数で今年も不安を残す投手陣ではないか。若い投手が伸びているだけにベテラン勢の奮起に期待したい。
 
あくまでも予想なので順位関係なく楽しく野球観戦をしたいと思います。