いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

プロ志望高校生合同練習会 2日目 ~東日本編~

9月6日(日)11:30~東京ドームより、2日目のプロ志望高校生合同練習会が行われた。
全体アップ後、キャッチボール、シートノック、シート打撃の順に日程が進行しました。

シート打撃ということもあり投手のアピールです。総勢25名の投手がプロアマのスカウト関係者の前で注目を集める中どのようなパフォーマンスを魅せてくれるか。

個人的に注目していた内田了介(埼玉栄)はMAX150キロのストレートを投げるということでどのような投球を見せるのか楽しみにしていました。かなり待たされた登板が影響になったのか体が重そうに感じました。球速については、最速145キロと少し物足りないものでしたが、スライダーも含めてキレが他の投手に比べ一味違ったものを魅せてました。投球内容も完成度の高いものを見せてもらい噂通りの良い投手でした。

一番いい球を投げていたのが豆田泰志(浦和実)ではないだろうか。球持ちのいい糸を引いたストレートを投げ、時折、スライダー・カーブを織り交ぜて三振を奪っていた印象。小柄な投手だけにプロで活躍できるか評価は難しいが今日一の投手でした。

投げっぷりが良く、プロ向きの投球を見せたのが太田大和(山形中央)です。正直全く知らない左腕投手で、とりあえず見ておこうかなレベルでしたが、1球目のクロスファイヤーの投げっぷりに目を奪われ、とても面白い投手だなといった印象を受けた投手です。この日はスライダーとチェンジアップを投げ、右打者にはクロスファイヤーが面白いように決まっていた。他にもカーブを投げるようですが見ることはできませんでした。投げっぷりからプロ向きの投手でドラフト戦線に名を連ねる隠れた逸材ではないだろうか。

他にも甲子園では実力を発揮できなかったシャピロ マシュー一郎(国学院栃木)は制球に安定感があり、ドラフト候補の実力を魅せてくれました。左の本格派左腕投手・辻垣高良(学法福島)やサイド気味のスリークォーター右腕投手・美又王寿(浦和学院)も持ち味を発揮できたのではないだろうか。

野手では、送球に安定感を魅せ、軸のあるバッティングに巧みなバットコントロールを魅せた髙寺望夢(上田西)。引っ張りの打球がなく、逆方向へ打つ上手いバッティングを魅せたが、引っ張った打球も見たかった。

石川慧亮(青藍泰斗)は初日に魅せたパワフルなフルスイングが今日も魅せてくれた。第1打席で痛烈なサードライナーを打った後は三振が続いていたが、制球が定まらない投手の代わりに投げた大学生の低めの球を完璧に捉えた打球はレフト中段に飛び込む本塁打を放った。1打席目でも十分に彼の能力が伺えるアピールに、決定づける一打となった。遠くに飛ばす力と打撃センスを兼ね備えた打者。小柄ではあるがオリックス吉田正尚や大リーガーアルトゥーベのような選手になるかもしれない。

以下15名の選手は、育成枠を含めて十分にドラフト指名される可能性がある選手たちである。

<投手>
・佐々木湧生(明桜)
・太田 大和(山形中央
・辻垣 高良(学法福島)
・黒田 晃大(佐和)
・シャピロ マシュー一郎(国学院栃木
・鈴木 威琉(健大高崎
・橋本 拳汰(健大高崎
・下 慎之介(健大高崎
・西濱 勇星(関東学園大付
・美又 王寿(浦和学院
・豆田 泰志(浦和実)
・内田 了介(埼玉栄

<捕手>
・藤田 青空(弘前東)

<遊撃手>
・髙寺 望夢(上田西)

<外野手>
・石川 慧亮(青藍泰斗)

 

glory0301.hatenablog.com