いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

2020年日本ハムのドラフトを考える!!

先日、日本ハムの大渕スカウト部長が「1位に関しては大学生投手の中から選びたい」とコメントしており、これを受け、私の理想ドラフト指名の記事を書き直してみました。前回の記事に修正を加えたもので内容はほとんど同じかもしれませんが、まだ読んでいらっしゃらない方もいると思いますので、ぜひ、読んで頂ければと思います。

3年後、5年後を考えても現在の投打の主力選手の大半は残っているだろうと考えられる。昨年は即戦力重視のドラフト指名を行ったが今年は将来を見据えた指名をしてもらいたい。そこで私の理想ドラフト指名を紹介する。

私の基本的な考えは、毎年良い投手は出てくるが良い野手は出てきにくい。補強ポジションでなくとも、良い野手がいれば投手より野手優先にする。背の低い右腕投手は絶対的な決め球となる変化球を持っていないと150キロを超えるストレートがあろうがなかなか活躍は難しいと感じる。野手は守備より打撃重視。守備はプロになってからでも十分に成長するが、打撃に関してはプロになっても成長は困難であると考える。また。欲を言えば広角に打て、逆方向に長打が打てる選手はプロでも十分に活躍すると考えている。

守れない選手は練習次第でうまくなるが、打てない選手はプロになっても打てる選手にはならない。要するに、守備に定評があったとしても打撃に課題を残すような選手は指名をしてはいけないということである。

以上を踏まえ、ドラフト候補選手を選出するのだが、先ずは現時点で補強ポイントがないか考えてみる。

●補強ポイント
1.次期守護神候補
12球団の中でもトップクラスを誇る投手陣は先発をはじめ、中継ぎ以降の投手陣にも弱点といったポジションはない。ただ、今シーズンのように秋吉の不調から露呈した守護神候補不足が補強ポイントと考えてよいだろう。また、有原のメジャーリーグ挑戦で戦力ダウンになる可能性があるものの、現戦力でも十分に戦える戦力があり、もし、メジャーリーグ挑戦となったとしても、今年の新人である河野や鈴木は今年の1軍経験を活かし来季に期待し、また、ファームながら立野、望月も経験を積み重ねている事から来シーズンは十分に戦える戦力は揃っている。よって、投手陣は急務ではないが次期守護神候補を補強ポイントと考える。

2.長打力のある即戦力野手
今年、久しぶりに1年目から活躍が期待できる即戦力野手として呼び声の高い近大・佐藤輝明内野手が注目を集めている。逆方向にも長打が打て、一発も打てる選手である。ポジションは外野も守れる三塁手とあって、日本ハム三塁手はビヤヌエバがいるが、新型コロナウイルスの影響で収益が見込めない経営面もあり、成績を見ても契約継続はないだろう。長打力に期待が持て守れる大型内野手はなかなかいない。複数球団が1位指名するであろう有望な選手だけにみすみす手放すのも惜しい選手ではある。

3.有望な若手内野手(特に遊撃手
今年も遊撃手では中島や石井といった選手を使ってはいたが、これといった決めてもなく相変わらずの低打率で守れても打てない選手である。ファームに至っては、難波、上野と守れない打てないと将来的に考えても悩みどころの多いポジション。最近では平沼が他の選手と違い打撃でアピールを続けている。左打者が多いポジションだけに右打者の若手有望な選手を指名したい。

4.次期リードオフマン
長年、日本ハムリードオフマンは西川であったが、彼も来季はメジャー挑戦を掲げている。今年は特に西川の衰えを感じるシーズンではないだろうか。特に守備に関しては、エラーやエラーにならないミスなどが目につくようになった。現戦力では走れて率も残せる出塁率の高いリードオフマンタイプは少なく、将来的に考えても補強ポイントと考えてよいだろう。

5.北海道枠
今年は北海道出身の有望選手が目白押しの中、有力候補は伊藤大海(苫小牧駒澤大)であるが…。

今年のドラフトで特に指名が望ましい選手のタイプを以下にまとめた。
1.次期守護神候補
2.長打力のある即戦力野手
3.有望な若手内野手(特に遊撃手)
4.次期リードオフマン
5.北海道枠

ここからは候補選手を上記のタイプ別で述べていく。
1.次期守護神候補
今年のドラフト候補選手には抑え経験のある投手がいる。大学代表の守護神を務める伊藤大海(苫小牧駒澤大)や平内龍太(亜細亜大)、小郷賢人(東海大)である。中でも故障明けながら小郷は見事に復活を遂げた投手で、彼の縦スラはプロでも十分に通用する。そして、150キロを超えるストレートもあり次期守護神として相応しい投手である。また、平内は最速156キロのストレートにフォークとのコンビネーションで奪三振率の高い投手である。完成度で言えば伊藤の方が完成されてはいるが、まだ未完成である点が将来性豊かである。今後どれだけ伸びるか楽しみな投手。スケールの大きさでは負けてはいない佐藤蓮(上武大)も楽しみな長身右腕投手である。

2.長打力のある即戦力野手
大学を代表する長打力がウリの佐藤輝明(近大)と牧秀悟(中央大)の2選手が即戦力野手である。二人とも逆方向に大きい当たりを飛ばせ、一発も打てる。特に佐藤についてはスケールの大きさも魅力である。二人とも守備力が高くお勧めしたい。

3.有望な若手内野手(特に遊撃手)
今年はレベルの高い遊撃手が揃っている。中でも長打力を兼ね備えている元謙太(中京学院大中京)と山村崇嘉(東海大相模)は個人的に注目している。両選手を指名してほしいぐらいの逸材であり、将来が楽しみな選手である。

4.次期リードオフマン
横浜商業の笹川吉康を推す。線は細いが193㎝の長身の高校通算40本塁打を誇る長打力はさることながら広角に打ち分け、高い出塁率を兼ね備えている。また、盗塁能力も高く三拍子揃う外野手である。

5.北海道枠
今年はメディア情報から伊藤大海(苫小牧駒澤大)が有力候補だが、個人的に現西武の松本航とイメージが重なり、リストからも外している。松本の大学時代は第42回日米大学野球選手権大会の最優秀投手賞や第29回ハーレムベースボールウィークの最優秀投手を受賞するなど国際経験豊富な即戦力投手として期待された投手だっただけに、プロ入り後の成績を見ると寂しいものを感じる。タイプも似た伊藤だけに個人的には指名回避をお勧めし、長身の素材型・河村説人(星槎道都大)や札幌市出身の独特な投球フォームからタイミングの取りづらさがある上出拓真(国学院大)などの長身投手を推奨したい。

理想ドラフト指名
1位:早川 隆久(早大) 投手
外れ:木澤 尚文(慶大)投手
外れ:山下舜平大(福岡大大濠)投手
外れ:松本隆之介(横浜) 投手
外れ:平内 龍太(亜細亜大)投手
2位:元 謙太 (中京学院大中京内野手 or 山村 崇嘉(東海大相模内野手
3位:笹川 吉康(横浜商)外野手
4位:松本 遼大(花巻東)投手

5位以降は育成枠も含め、投手4名、遊撃手1名、捕手1名を最低でも指名したい

ドラフト1位は投手を指名したい。外れ1位には残っていれば慶大・木澤、または、将来的にエースに育ってほしいスケールの大きい福岡大大濠・山下を指名したい。外れ1位とはいえ重複し抽選の可能性の高い選手だけに外した後に誰を指名するかがカギとなる。基本的には上記の通りの順番で指名しておきたい。2位では3位以降で指名が難しいであろう元や山村を指名したい。今年は将来を見据えた指名で、かつ、野手重視のスケールの大きい選手を中心に選別をしてみた。名前を挙げていない選手にも良い選手はいる。今年は遊撃手を最低でも2名指名し、二遊間の将来のレギュラー候補を獲得してもらいたい。1軍にのみ目をやるのではなく、全体的に将来どのポジションが弱いかを考えてほしい。また、次期リードオフマンに挙げた笹川吉康(横浜商)は是非とも指名に成功して欲しい一人である。今シーズンをみるとヒットは出るが点に繋がらない事が多々見受けられた。単打だけでは点を取るのは難しい。現戦力の野手たちは高卒選手が多い。高卒選手の育成が得意であることから高校生の長打力のある野手を1人でも多く指名してもらいたい。理想ドラフトに挙げた高校生は特に指名してもらいたい選手である。今年は新型コロナウイルスの影響で選手の見極めが難しくスカウト力がものを言う。果たして誰を指名するのか。

glory0301.hatenablog.com