いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

日本ハムのドラフト2020 総括

f:id:glory0301:20201026204118g:plain

日本ハムドラフト指名選手2020

<評価>
特A : 球界を代表する選手
A  : チームの中心的選手
BA : 1.5軍選手
B・C: 指名見送り選手

真っ先に浮かんだのはこの球団は勝つ気あるのか強くするつもりがあるのかと感じた。ブログを読んでいただいている方はわかると思うが、中途半端な選手の指名が多すぎる。将来どんなチームにしたいのかまったく意図の分からない指名が多い。今年に関しては北海道出身を重視した地域密着のフランチャイズ指名であり、チーム強化、将来性重視を軽視した指名のドラフトで理解しがたいドラフトととらえられてもおかしくない。外野に関しては、即戦力というよりは高校生といった育成する選手を取るべきであった。2位指名の五十幡はマスコミに踊らされたようで順位が高すぎるし、指名する必要はなく無駄な指名権を使用した。まだ遊撃手の有望な選手の指名があっただけに残念であった。弱小まっしぐらといった評価を与えたい。毎度の最低ドラフトである。
ただ、3位指名の古川には宇佐見や清水のような低レベル捕手からポジションを奪い取り1年目から正捕手を掴んでほしい人材である。また、ようやく育成1位で呼ばれた松本は柔軟性に富んだスケールが大きく将来必ずローテンションの一角を担うであろう投手である。オリックスのドラフト1位で指名された山下舜平大ぐらいの逸材と私は評価している。

今年のドラフト指名を見てわかる通りスカウト力のなさが露呈している。現在何が足りなくて今の順位にいるのか考えてほしい、栗山監督の意向が反映されているように見えるが、正直、見る目のない監督である。来年も栗山監督で続投するようであるが、マンネリ化が進み悪い方向へと進んでいる。選手だけでなく指導者の育成の方が急務なように感じる。応援したくなるようなチーム作りが必要で、その中に選手獲得がある。三振を取る投手や長打を打つ選手など素人でも分かるような凄さを感じる選手の獲得が必要と感じる。もう手遅れかもしれないが客離れが心配である。 

glory0301.hatenablog.com