いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

パ6球団のドラフト結果2020 総括

例年通り、今年も日本ハムのドラフトの結果からなかなか立ち直ることが出来なかった私ですが、ようやく今年のドラフト結果の総括を書きます。
育成枠指名選手については、気になる選手のみ書かせていただきます。

ソフトバンク
1位 井上 朋也 内野手 花咲徳栄
2位 笹川 吉康 外野手 横浜商業高
3位 牧原 巧汰 捕手  日本大学藤沢高
4位 川原田純平 内野手 青森山田
5位 田上 奏大 投手  履正社

1巡目に近大・佐藤輝明を抽選で外し、井上朋也(花咲徳栄高)を指名するというサプライズもまたソフトバンクらしい指名である。昨年も全く1位候補に挙がっていなかった佐藤直樹を指名している。今年は例年のような奪三振率の高い長身の即戦力投手の指名を控え、若手野手を中心に指名している。中でも注目なのが2位指名の笹川吉康(横浜商業高)である。個人的にはこの世代№1の将来メジャーリーガーになるだけのものを持っている選手。柳田の後釜として期待を持てる選手である。現状の戦力だけで圧倒的な強さを見せている今シーズンならではの指名であったと思える。ただ、内野手の底上げといった指名はされておらず、若手でポジションを奪えるだけの選手が出てきていない中、松田の後釜や遊撃手の層の底上げはこの先もまた課題となりそうだ。

ロッテ
1位 鈴木 昭汰 投手  法政大学
2位 中森 俊介 投手  明石商業高
3位 小川 龍成 内野手 國學院大学
4位 河村 説人 投手  星槎道都大学
5位 西川 僚祐 外野手 

1巡目に地元出身の早大・早川隆久を抽選で外したのは惜しいが、中継ぎ即戦力左腕投手候補の鈴木昭汰(法大)を指名できたのは大きく、連投も可能なだけに確実に来年は手札が1枚増えた試合運びができる。また、完成度の高い2位の中森俊介(明石商業高)や起用方法はわからないが、4位の長身投手・河村説人(星槎道都大学)は奪三振率が高く将来的に後ろで投げさせても面白く、将来を見込んだ指名も出来ている。弱点でもある投手力を確実にアップさせている。野手では高齢化が進んでいる外野手には長打力がウリの西川僚祐(東海大学付属相模高)と投打ともに現戦力を考えた良い指名をしたと思える。

西武
1位 渡部 健人 内野手 桐蔭横浜大学
2位 佐々木 健 投手  NTT東日本
3位 山村 崇嘉 内野手 東海大学付属相模高
4位 若林 楽人 外野手 駒澤大学
5位 大曲 錬  投手  福岡大学準硬式野球
6位 タイシンガーブランドン大河 内野手 東京農業大学北海道オホーツ ク
7位 仲三河優太 外野手 大阪桐蔭

チームカラーが強く出た指名。今年はプロで即結果を残せそうな投手は少なく、あえて打撃力に秀でた選手の指名が目立ったように感じる。投手の育成があまりうまくいっていないだけに、チームカラーでもある爆発的な打撃力をさらに底上げし、チームカラー継続維持を狙った指名と感じた。また、完成度はそれほど高くないが2位の佐々木健NTT東日本)がどれだけプロで通用するか楽しみである。

楽天
1位 早川 隆久 投手  早稲田大学
2位 高田 孝一 投手  法政大学
3位 藤井 聖  投手  ENEOS
4位 内間 拓馬 投手  亜細亜大学
5位 入江 大樹 内野手 仙台育英学園
6位 内 星龍  投手  履正社

FA補強で着実に得点力が高まりようやく野手が揃ってきた事を物語っているような投手中心のドラフト指名であった。実際に得点力はリーグトップでありながら、リーグ優勝したソフトバンクの失点数から100以上も多い失点で優勝争いから脱落した要因にもなった投手力の底上げを狙ったドラフト指名である。抽選の末、即戦力候補左腕投手の早大・早川隆久の指名に成功し、来年、2桁勝利に期待がかかる。また、昨年指名した黒川との二遊間コンビを期待したい地元出身の入江と150キロを超えるストレートを投げるパワー型の投手の指名をしている。投打ともに狙いの分かる指名で弱点を埋めようとしていることが分かる。

日本ハム
1位 伊藤 大海 投手  苫小牧駒澤大学
2位 五十幡亮汰 外野手 中央大学
3位 古川 裕大 捕手  上武大学
4位 細川 凌平 内野手 智辯学園和歌山
5位 根本 悠楓 投手  苫小牧中央高
6位 今川 優馬 外野手 JFE東日本

地元初のドラフト1位でメディアウケのいい話題提供は日本ハムの十八番。昨年から即戦力候補に方向転換したような指名を続けている。今年のドラフト候補メンバーを見る限り現戦力を考えても高校生でもない指名不要な外野手を2名指名している点など現戦力を度外視している指名にはあまり共感は持てない。日本ハムについては過去の記事を読んで頂ければと思います。

glory0301.hatenablog.com

オリックス
1位 山下舜平大 投手  福岡大学附属大濠高
2位 元 謙太  外野手 中京高
3位 来田 涼斗 外野手 明石商業高
4位 中川 颯  投手  立教大学
5位 中川 拓真 捕手  豊橋中央高
6位 阿部 翔太 投手  日本生命

20年以上優勝から遠ざかり、また、万年Bクラスとは思えないような高校生中心のドラフト指名であるが、2位の元謙太(中京高)は投手兼内野手にもかかわらず外野手として指名している。このことから分かる通り、将来の内野手の構成が整いつつあることが分かる。今の成績にとらわれず将来を見据えた指名の一貫性を評価したい。また、ストレートとカーブのみの投球をしてきた1位の山下舜平大(福岡大学附属大濠高)は、今後、新たな変化球を会得するだろうが、その際にフォームを崩して投手生命に関わるリスクがある半面、それ以上に期待が大きい投手である。

まとめ
チームに合った指名や将来を見据えた指名をした球団と様々であり、ドラフト後はその球団を評価した記事を見かけるが、そんな評価はアテにならず、3年後、5年後どのような結果になっているかその時に評価してもらいたい。ある法則があり、即戦力中心の指名重視と偏った指名を続ける球団は落ちぶれていく傾向がある。それがオリックスや中日といった数年前のドラフトである。中日に関しては、近年、地元高校生中心に指名しているが、落合政権時代は社会人中心の指名を続け、成績不振に陥った経緯がある。オリックスは現在も最下位が常連の毎年Bクラスではあるが、近年、高校生重視でその前は即戦力重視のドラフトであった。オリックスは中嶋監督代行に代わり勝敗がみるみる改善している。若手も育っており、近い将来、優勝争いに絡むチームになるだろう。心配なのが日本ハム。2年連続即戦力中心のドラフトに変えてきた日本ハムはまさにこの法則に当てはまりつつある。近年の成績から方向転換したようだが、他の球団のドラフトを見ても迷いがあり、中途半端な選手の指名が目立つ。また東京を拠点にしていた時代に逆戻りしないことを祈りつつ、成績に捉われない一環した信念のもとドラフト指名や育成をして頂きたい。