いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

【プロ野球】日本ハム2020シーズンの総括

今年の日本ハムはシーズン5位と栗山政権になって初となる2年連続のBクラスであった。だが私としては予想通りの結果でなんら不思議とは思わずそれに相応しいと感じたシーズンである。「シーズンの振り返り」〜「ドラフト」、「来季へ」について私個人が思ったことを紹介していく。

シーズンの振り返り

今年は一度も首位争いをすることなくシーズンを終えた。栗山政権になって初ではないだろうか。この不甲斐ない成績の戦犯は栗山監督である。昨年も5位ではあったが一時は首位争いをしていることから選手だけをみれば昨年となんら変わらず、戦力ダウンからの成績不振ではなく監督自身の采配や選手起用の見極めといった監督としての能力にあると考える。シーズンを通し日替わりに打順を変更したり、金子投手や清宮、王、ビヤヌエバといった選手起用の見極めが栗山監督の性格を表し、選手個々の役割が果たせずチームに良くない影響を与えていたと感じた。その中、野村や樋口といった新しい力が出てきたのは光明である。
ただ、日本ハムは育成が上手い印象を持たれてはいるが、若手が伸び悩んでいるのが現実。北浦や淺間といった若手選手の活躍に期待はしていたが期待外れの1年となった。

ドラフト

今年も相変わらずの中途半端な選手の指名が目立った。1位の伊藤は150キロを超えるストレートを軸に多彩な変化球を駆使して三振を奪える投手だが、同タイプに生田目がいるし、背恰好が似た投手が多く所属するだけにホントに必要であったか疑問を持つ。伸びしろを感じない学生時代の今がピークの投手だけに過剰な期待はしない方が良い。また、2位の五十幡はまさに見る目のない栗山監督の意向が反映された選手に間違いはない。イメージ的にソフトバンクの周東を描いているのだろうが周東は内野手であって、俊足強肩ではあるが非力の打てない外野手を2位指名は馬鹿げている。2位指名の五十幡が呼ばれた瞬間の栗山監督の笑顔に失笑したのを覚えている。外野手の選手は他選手を圧倒する打撃力がない限り上位指名はない。その中、捕逸や悪送球の多い低レベルの捕手が1軍の顔となっているのが現状であり、1年目のルーキーでも十分に奪えるポジションである。攻守ともレベルアップは必要だがドラフト3位の古川捕手は期待したい。そして、私一押しのスケールの大きい育成1位の松本は将来のエースに育ってほしい。この二人には大いに期待したい。松本に関しては育成でよく残っていたなと感じで、怪我など何もなければ将来は先発の一角を背負い、チームの主力投手になる逸材である。ならなければこの球団の育成能力がないと言わざるを得ないだけの放っておいても主力になるだけのものは持っている。
万年、最下位に甘んじているオリックスは、近年、最下位であるドラフトの利点をうまく活用し、上位では将来の主力候補を指名、それ以降は一芸に秀でた選手と理にかなった指名をしている。弱小球団になりつつある日本ハムと本気で強くしようとしているオリックスの今後の成績に注目してもらいたい。吉田しかいない打線に太田、紅林、そして、元と着実に打線は強化されていく。投手陣には逸材も多く近い将来オリックスはリーグ優勝すると予想する。また、今のままだとホントに弱小になる日本ハムに危機感を感じる。選手個々の能力、成長度といった伸びしろの見極めをしっかりやり将来の構成を描き指名をしてもらいたい。今の吉村GMになってから非常に酷すぎる。新球場建設に尽力した貢献度は認めるが、GMとは編成部のトップであり、編成やドラフト、スカウト方針を決めるもの。成績が伴わなければ辞任はやむなし。得意分野への配置転換をし、GMは他の人に譲ってはどうか。見る目のない栗山監督は論外だが。

来季へ

来季も栗山政権が続く。この続投はより一層弱小球団への加速を感じさせる。今年の采配を見ても今までの経験から迷いが生じているのか、外からチームを見る時期と感じる。選手どうこうではない。吉村GM、栗山監督の両者がいる間は成績に期待はできず、低迷は続くだろう。常勝への道からいつまで脱線するのか。新球場で期待は高まってはいるが成績が伴っていなければすぐに観客から見放される。現に今年はコロナとはいえ満員はあったのか。ほとんどが6割ぐらいの集客ではなかったのか。メディアからの注目度が高い選手がスター選手ではない。成績を残せるチームの顔となる選手がスター選手。今一番必要なのはそういった選手なのだ。