いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

日本ハムのキャンプの見どころ!! 2021

今年も早いもので2021年のキャンプが本日からスタートします。そこで、キャンプで注目したいポジションや選手を紹介します。

日本ハムの最大の問題でもある守備力をどれだけ向上させ、守り勝つ野球ができるかが今シーズンの成績を左右すると言っても過言ではない。。特にセンターラインについては、捕手、遊撃手といった重要ポジションに絶対的なレギュラー選手が決まっていないのが現実である。遊撃手には、守備力は高いが打撃に課題を残す非力な中島や昨シーズン終盤、試合に使い続けられた平沼、期待されながらもその期待に応えられなかった石井と名が挙げられるが、これといった物がなく決め手がないまま今年は新外国人が補強された。また、ここ近年、捕手は清水・宇佐見といった2選手を使い分けてはいるが実力が乏しく成績低迷の一因にもなっている。今年は、新人の古川が加入し問題解決となるか。他にもポジションが決まっていない三塁手には野村、横尾、樋口がおり、有望な若手の野村がレギュラーを掴めるか期待がかかる。

投手は、有原の抜けた穴は大きく埋めることは難しいが、これまで出場機会に恵まれなかった選手や若手には大きなチャンスでもある。中でも毎年、期待されている北浦には、昨年のファームでの実績は素晴らしく、自信を持って投げてもらいたい。また、手術明けからの復帰の田中瑛斗、石川直也には低迷している現状の起爆剤として期待したい。

キャンプで注目は若手全て。というのも若手の底上げなくチーム強化なしである。だが、他球団に比べて有望な若手選手が少なく将来的に不安を残すのも現実である。その中、強いて言えば野手では野村、万波。投手では北浦、石川直也辺りが今年ブレーク、もしくはカムバックしてもらわないと本格的にこのチームの将来は危機的状況である。また、吉田輝星は高い奪三振率から球種、上背を考えると短いイニングが向いており、性格的にも合っているように感じる。先発へのこだわりを捨て活躍できるポジションを確立する年にしてほしい。

キャンプとは関係ないが、いきなり今年の日本ハムの評価を順位予想で評価すると最下位です。これは、他球団の戦力やドラフト戦略といった育成力を踏まえ、比較した結果の評価である。キャンプの話なのに、何故順位予想というと現状の戦力をまずは知ってほしいからです。この評価はドラフト、育成を中心に戦力強化する日本ハムが近年、失敗続きのドラフトをしてきている事を物語っており、弱小へと進んでいる。2023年の新球場のために人気や知名度の高い選手を指名し続けている結果と考える。マスコミからの評価や人気といったものを鵜呑みにし、その選手の今後の伸びしろを度外視しているドラフト戦略。正直、近年の上位指名は伸びしろのない選手を頻繁に指名し、マスコミで取り上げられはするが成績がそれに似つかない選手ばかりを指名している。2020年のドラフトも同様である。私から見れば今の評価は前々から分かっており、成績が低迷していくだろうと予想が出来ていた。若手が伸び悩んでいるのもその点が欠落しているからであり、今がどの位置で、入団してからどの位伸びそうかを感じ取らなければいけない。どんなに今が優れていても結局はプロで活躍できるレベルに達するだけのものがあるか、それとも今がピークなのか。こればかりはどんなにスカウト歴が長かろうが選手を見るセンスといった勘といったものがなければいけなく、養えなるものではない。2023年までは吉村GM政権が続くであろうから、今は辛抱の時期であり、長い低迷が続くであろう。打開するには、スケールの大きい選手を積極的に多く指名し続けなければいけない。