いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

日本ハムドラフト総評 2022

ドラフト指名2022

今年のドラフト指名を見ると大学社会人(メジャー経験者もいるが)を中心に即戦力中心のドラフトとなった。昨年は高校生中心だっただけに相変わらず一貫性のない球団であり最下位に甘んじるだけの指名である。今年のドラフトの評価は最低評価を付ける。大卒以上の選手を中心に指名したがどの選手も伸びしろに不安がある。また投手中心であり、野手の指名が少なく競争といった面の効果がない。もう少し長い目でのチーム構成に欠ける指名で3年後どのような結果になっているのか新庄・稲葉の進退の判断基準としてよいだろう。個人的には、このチームには足が速い選手ではなく勝負強い野手が必要と思っている。また、捕手二遊間の高卒の指名は毎年指名しても良いぐらいのポジションであり、競争し切磋琢磨しながら勝ち取った選手でなくてはならない。3年後どんな結果になっているのかはわからないが、ズバリ、こんな魅力のないドラフト指名しているようでは最低でも5年間はBクラスに甘んじるだろう。本当に日本一を目指している球団とは考えられない指名であった。新庄・稲葉体制1年目は、シーズンも含めかなりひどいものであった。この先とても心配である。暗いトンネルから明るい兆しはいつ見えてくるのか。。。当分は見えてこないだろう。また来年もその次も何年続けて最下位になるかな。

ドラフト1位予想2022

12球団ドラフト1位指名予想2022

いよいよ本日17時からドラフト会議開催。
ということで恒例の各球団のドラフト1位予想します。
今年は、公表した球団が9球団と多く、ワクワク・ドキドキ感が足りないドラフト会議となってしまった。公表していない球団は、ロッテ・阪神DeNAです。上表の通り予想しました。阪神は、先日、岡田新監督が「右の外野手」が欲しいというコメントもあり、実績・実力を考えると中央大・森下翔太と予想した。夏に骨折した影響もあり、秋のシーズンは不調だがスイングを見ても今年ナンバーワンスラッガーである。ロッテは、即戦力の遊撃手を指名するのではと予想した。小柄ながら走攻守の三拍子揃った選手で、巨人など上位候補としている選手。ただ、「斉藤 優汰(苫小牧中央)」という情報もあり競合する可能性がある。最後にDeNA。情報が少なく最終的に5人に絞られているという情報しかなく、松尾 汐恩(大阪桐蔭)が指名有力という情報もあるが、地元選手でもあり、注目選手でスポーツライター・西尾氏が今年ナンバーワン評価している日本体育大・矢澤宏太ではないだろうかと思った。ちょっと無理やりな感じもするが競合が1つぐらいあってほしいというのも少々あり、少しでもにぎわうドラフト会議となってほしい。今年は、どの球団もドラフト1位は決めかねたようだが、決して有望な選手がいないわけではない。個人的には、2・3位指名に注目している。
さて、今年はどんなドラフト会議となるか楽しみです。

【日本ハム】ドラフト1位公表・矢澤 宏太(日本体育大)

日本ハムがドラフト1位を公表したのでちょっと書いてみました。ドラフト1位として公表したのが、二刀流を目指している日本体育大矢澤宏太。私から見た率直な意見は同タイプの五十幡がいるのになぜ??Why??といった感じ。投手としては、ストレートとスライダーのコンビネーション左腕。150キロのストレートを投げるが制球がアバウトで四死球率が高い。投打ともにドラフト1位とは考え難い選手で、本当に五十幡と背丈や体格が似ている選手を指名したのは理解ができない。しかもドラフト1位で。。。本来なら実力や将来性を考えてもドラフト4位あたりが妥当な選手。事前の調査で、投げて、打って、走りたいという強い希望があったとかでさらに魅力を感じたようだが、以前、大谷翔平の二刀流の成功は強い気持ちがあったからと言っていたのを思い出した。だが、気持ちは大事だけれどもそれだけで成功するものでもない。大谷翔平は、恵まれた体格、柔軟力も備わっており、日本人離れした体格の持ち主であるからメジャーでも通用した。だが、この矢沢は体格は恵まれておらず小柄で性格もやんちゃと比べるまでもない。ホームランバッターでもなく、突出したバットコントロールがあるわけでもない。これといった特徴の無いただ足が速いだけの打者(本当に五十幡と同じタイプ)より、左腕だし中継ぎでそれなりに通用するかな程度のレベルとみている。彼がもし日本ハムに入団した場合はこれからどう変貌するか見守ってみようと思う。期待はしないが、いい意味で期待を裏切って貰いたい。さて、2年連続ドラフト1位にふさわしくない選手の指名となってしまうのか?2位以降に納得のできる選手の指名はあるのか。。。期待しちゃダメよ!