いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

【総評】2017年のドラフト会議。ドラ1・清宮の交渉権を獲得した日本ハムのドラフト評価

f:id:glory0301:20171028141210g:plain

10月26日(木)に行われたドラフト会議。清宮ドラフトと呼ばれ、何球団が集まるか注目されたドラフト会議でもある。
結果的に、清宮に指名があったのは7球団(ロッテ・ヤクルト・日本ハム・巨人・楽天阪神ソフトバンク)。日本ハム・木田GM補佐のさんまの助言もあったようで左手で引いた3番目の順番の抽選で見事に交渉権を獲得した日本ハム
各紙では、大成功と言われている日本ハムのドラフトは、果たして全体的にみて本当に大成功なのか私見する。

今ドラフトで1番の注目選手・清宮を指名に成功できたのは話題、そして、経済的にも一番良い影響力をもたらす。
球団としては、清宮を取れただけで成功のドラフトと言えるだろう。
2位以下は、予想通り投手中心の指名となり、高校・大学共に左右一人ずつと増井の後釜に期待できる即戦力投手・西村の獲得は大成功。順位相応やこんな下位でといった投手の獲得に大成功を収めている。
ただ、即戦力左腕の指名が出来なかったのは残念でならない。
4位の難波については、内野手での指名で投手でも活躍をしていたが野手の方がセンスを感じる。ただ、個人的にはドラフトに指名するほどの突出したものがなく指名回避としていた選手。投手指名が多すぎるぐらいになってしまうが阪神が6位指名した牧や広島が育成指名した投打共に未熟ながら非凡な才能を持つ岡林を指名してほしかった。
今年のドラフト候補は高校生スラッガーが注目されていたが全体的にみて野手の逸材選手が少ない。素材のいい高校生投手をもう一人・二人指名してもよかったのではないだろうか。そして、育成指名をしない球団だけに7巡目終了は逸材が残っていたにも関わらず少なく感じる。

1位・清宮幸太郎(早稲田実)184/101 右左 一塁(素材型)
柔らかい打撃が魅力の高校最多本塁打数保持者。(111本)守備・走塁は平均並みそれ以下。育ちもお坊ちゃんタイプで壁にぶつかった時にどう成長できるか不安要素も多い。

2位・西村 天裕(NTT東日本)176/92 右右 中継ぎタイプ(即戦力)
常時150㌔前後のストレートとキレのいい縦スラの本格派オーバースロー右腕。

3位・田中 瑛斗(柳ヶ浦)183/67 右左 先発タイプ(素材型)
細身ながら150㌔に迫ろうとする直球は、鍛えたらどのくらいになるのかと思わせる素質。多彩な変化球も持ち合わせており、将来が楽しみな素材型右腕投手。

4位・難波 侑平(創志学園)178/76 右左
長打力はないがシャープな打撃が売りの選手。

5位・北浦 竜次(白鴎大足利)184/80 左左(素材型)
直球と変化球の腕の振りが同じで、しっかり腕が振れる。連投のできる伸びのあるストレートが魅力の左腕投手。

6位・鈴木 遼太郎(東北学院大)183/78 右右 先発タイプ(素材型)
最速150㌔直球と斜めに曲がるスライダーのコンビネーションで低めを意識した投球。

7位・宮台 康平(東京大)178/83 左左(素材型)
気持ちの強い投球の140㌔を超える直球と打者のタイミングを外す変化球。

最後に、マスコミや各新聞などで取り沙汰されている通りの実力を発揮出来れば良いのだが、とても心配してる私ですが、実際に清宮は高卒1年目で清原のように1年目から活躍できるか心配です。
本塁打数こそ驚異の111本と高校通算最多数を誇ってはいるが、打っているほとんどが130㌔前半の失投や110㌔台の変化球。140㌔台のストレートを本塁打にしている記憶がなく、ましてやプロの球で失投の少ない中、噂通りの大物ぶりが発揮できるか疑わしいものがある。そして、守備走塁に関しても未熟であり、ボンボン育ち。栗山のことだから1軍に帯同させ、相変わらずの贔屓扱いでスタメンで使っていくだろうが、日本ハムに入団したからには、大口をたたいた世界最多通算本塁打数868本の王が持つ記録を超えるような活躍を期待したい。
他の選手も評価通り期待しているので、一人ひとりに何も言わないが、7位指名の宮台だけには言っておきたい。
持っている才能は十分プロになれるだけのものはある。だが、投球術や精神コントロールが未熟すぎる。プロに入り、周りから色々吸収し学びいち早く1軍で活躍してほしい。性格的に中継ぎが合っているように思える。評価はCだが1年目から期待しているので頑張ってほしい。
個人的な採点としては80点。
1位の清宮は、1年目から活躍出来るか疑わしいが、期待の即戦力投手・西村やトップクラスの素材の左右の投手が獲得できた事を評価。その反面、即戦力左腕の指名やもう一人・二人の高校生投手獲得をしなかったことをマイナスとする。

 glory0301.hatenablog.com