いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

元日本ハム・大野捕手が中日にFA移籍。プロテクトと人的補償は誰だ!!それとも、金銭補償!?

f:id:glory0301:20171217015659g:plain

日本ハム大野奨太捕手(30)が中日へFA移籍が決まりました。
背番号は「27」に決定!!
彼の特徴は、独りよがりなリードをする事もある捕手だが、キャッチング技術に優れ、強肩を活かした盗塁阻止率が高いディフェンス力とキャプテンシー
大野の今季推定年俸は5500万円で、Bランクに相当する。人的補償を要求される可能性があり、プロテクト28人と人的補償か金銭補償のどちらを要求されるか考えてみた。
(FA宣言をした選手は、宣言した球団の年俸順でFAランクが決まる。FAランクとは、宣言した球団の年俸順で上位3位までをランクA、4位から10位までをランクB、11位以下をランクCとランク付けされる。)

補償を要求する球団は日本ハム

人的補償あり/なしの場合の金銭補償の差が1020万となる。(人的補償あり:2040万・人的補償なし:3060万)
金銭の差が少ないだけに若手の補償も考えられる。そして、増井のFA移籍先でもあるオリックスからのプロテクトの内容にも左右する。そこで、日本ハムの補強ポイントを考えてみると今季先発投手で苦しんだ先発投手。特に左投手が加藤だけだった。チームQS率も他球団とは、はるかに低いことから先発の出来る投手を第一に考えたい。

中日のプロテクト28人を選出

●投手

山井大介(39)、吉見一起(33)、浅尾拓也(33)、谷元圭介(32)、祖父江大輔(30)、
田島慎二(27)、又吉克樹(27)、伊藤準規(26)、福谷浩司(26)、三ツ間卓也(25)、
若松駿太(22)、柳 裕也(23)、鈴木翔太(22)

岩瀬仁紀(43)、大野雄大(29)、小川龍也(26)、岡田俊哉(25)、笠原祥太郎(22)、
小笠原慎之介(20)

●捕手

内野手
荒木雅博(40)、福田永将(29)、亀沢恭平(29)、京田陽太(23)、高橋周平(23)

●外野手
藤井淳志(36)、大島洋平(32)、平田良介(29)、近藤弘基(24)


主に漏れた選手
●投手
藤嶋健人(19)
丸山泰資(22)
佐藤 優(24)
阿知羅拓馬(25)
小熊凌祐(27)

●捕手
木下拓哉(25)
桂依央利(26)
杉山翔大(26)
松井雅人(29)

内野手
石垣雅海(19)
溝脇隼人(23)
石岡諒太(25)
三ツ俣大樹(25)
石川 駿(27)
遠藤一星(28)
阿部寿樹(28)
堂上直倫(29)

●外野手
友永翔太(26)
井領雅貴(28)
松井佑介(30)
野本 圭(33)
工藤隆人(36)

落合物件3選手が戦力外となったこともあり、当時、落合元GMの強い推薦で隠し玉的存在としてドラフト指名された阿知羅拓馬はプロテクトから外れるのではないかと予想。今季は、ファーム成績ながらウエスタン2冠の防御率2.10の好成績を収め、QS率が高く来季に期待の出来る投手。成績だけを見ただけならプロテクト候補だがどうなっているか。先発投手だけあって人的補償として最適な投手ではないだろうか。
最速150㌔のストレートとスライダーやカーブなどを持ち球としている長身右腕。

そして、野手では石垣雅海
今シーズンプロ1年目の若き内野手。昨年のドラフトで目を付けていた選手だけにぜひ取ってほしい。彼の特徴は、スラッガーらしい放物線の打球を放つ長打力のある打撃に、50m6秒を切る脚力の高い身体能力選手。俊足を生かした守備範囲の広い守りも魅力。

金銭補償のみは考えずらい。有力候補は阿知羅拓馬。だが、有望選手・石垣雅海も捨てがたい。日本ハムは育成球団と言われているが、守れない選手が多く、攻守に期待の出来る選手は少ない。

さて、誰を取るのか!?

プロテクトとは関係なく、即戦力・将来性のある選手は下記⤵

●投手

谷元圭介(32)、田島慎二(27)、又吉克樹(27)、伊藤準規(26)、福谷浩司(26)、
三ツ間卓也(25)、阿知羅拓馬(25)、佐藤 優(24)、柳 裕也(23)、丸山泰資(22)

大野雄大(29)、小川龍也(26)、笠原祥太郎(22)、小笠原慎之介(20)

内野手
福田永将(29)、京田陽太(23)、石垣雅海(19)

●外野手
大島洋平(32)

先日、FA宣言した鶴岡の復帰で最大70人の支配下選手数が68人に達した。
増井の補償は金銭と決定したが、人的補償の可能性は十分ある!!

 

glory0301.hatenablog.com

 glory0301.hatenablog.com