いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

【ドラフト】日本ハム2019ドラフト指名総評

10月17日(木)に行われたドラフト会議。先日、ブログにあげたお勧めの選手が見事に一人も取ることができなかった2019年のドラフトの総評です。

 

 順位 選手名   所属     守備
✖1位 佐々木朗希 大船渡高    投
 1位 河野 竜生 JFE西日本 投
 2位 立野 和明 東海理化   投
 3位 上野 響平 京都国際高  内
 4位 鈴木 健矢 JX -ENEOS 投
 5位 望月 大希 創価大    投
 6位 梅林 優貴 広島文化学園大捕
 7位 片岡 奨人 東日本国際大 外
 指名終了
 育成1位 宮田 輝星  福岡大    外
 育成2位 樋口 龍之介 BC新潟   内
 育成3位 長谷川 凌汰 BC新潟   投
 
公言通りドラフト1位は佐々木朗希投手であったが、見事にロッテに指名権を奪われる。オリックスとの外れ1位抽選の結果、河野竜生投手を獲得した。今までは甲子園やU18で活躍している選手の指名が多かったため、西純矢投手を指名すると思われていた。今年は最近のドラフトと違うぞと感じる。今までの法則でいうと1巡目が投手の場合、2巡目は野手になるはずだが、オリックスに紅林を指名されたせいか、かなり時間を費やし即戦力右腕投手・立野和明投手を指名する。想定では紅林を指名する予定だったのだろう。まさかのオリックスに指名され動揺か。ここから計算が崩れたかのように3巡目、4巡目と順位に相応とは思えない選手を指名し、特に3位指名の上野の評価は高すぎる。守備はそれなりだが、打撃が課題の選手は下位で十分でとても残念で仕方がない。ようやく期待のできる望月大希投手を指名した。ドラフトは7巡目まで指名し、予想外の育成3位まで指名と今までには考えられないドラフトだった。

全体的に見ると1位、2位は社会人の左右№1投手を獲得したことは高評価できる。特に即戦力左腕として河野竜生にはローテーションの一角として期待したい。そして、創価大学のエース・杉山より面白い存在になり得る望月の指名と、育成枠ではあるが独立リーグの苦労人・長谷川の獲得は確実に先発・中継ぎの底上げに繋がった。しかし、野手面は疑問が残る。3位・上野響平や育成2位・樋口龍之介の小柄な二遊間はファーム選手を含め、現状の戦力と比較して必要だったのか。3巡目を選択する時点で有望野手がいないのなら無理して野手を選ぶより、今年は投手を指名でも良かったのではないだろうか。契約金の無駄である。相変わらず指名下手が出たドラフトであった。その中、地元北海道の7位指名・片岡奨人には期待したい。率は残せる。あとはどれだけ長打力を付けるか。俊足でもあり、西川の後釜として期待したい。
 
スケールの大きい内野手はそうそういない。順位を繰り上げても取ってほしかった。