いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

日本ハムの2021ドラフト上位指名予想

明日に迫ったドラフト会議。日本ハムの今年のドラフト上位指名予想と4位指名以降から指名してもらいたい選手を紹介する。

1.木村 大成(投手/北海)
2.松川 虎生(捕手/市和歌山)
3.野口 智哉(内野手/関西大)

今年も日本ハムのドラ1は2年連続の地元北海道で北広島市出身でもある北海高校の木村大成投手を1位指名すると思われる。最速150キロのストレートにキレのいいスライダーが武器の左腕投手。日本ハムの新球場でもある「エスコンフィールドHOKKAIDO」は北広島市に建築していることもありドラ1有力と見られる。今年の野手は不作の年である。その中でも補強ポイントの1つでもある捕手で打撃センスが飛び抜けている松川虎生捕手を2位指名すると思われる。プロ志望届を提出した高校大学生の捕手は粒ぞろいであったが、やはり打てる捕手は貴重である。大学№1捕手の呼び声の高い古賀悠斗捕手(中央大)も名が上がってはいたが、将来性を考えると松川虎生捕手ではないかと考えた。また、3位の野口智哉内野手も補強ポイントの遊撃手選手。大学通算100安打達成間近な大学屈指の攻撃型の遊撃手である。また、強肩を活かした守備も魅力。

以上が上位候補予想である。今年ははっきりとした補強ポイントのポジションで適任の選手がいることからこの指名予想とした。3位の野口選手については残っているのか。残っていなければ…。

4位指名以降で指名してもらいたい選手の紹介

まずは粟飯原龍之介遊撃手(東京学館)。
高校通算33本塁打。伸びしろ十分の三拍子揃った選手で俊足でありながら1発も打てるスケール感のある選手。守備型の上野響平選手。攻撃型の粟飯原龍之介選手とタイプの違う若手遊撃手として、これから切磋琢磨しながら成長を遂げてほしいという狙いもある。170㎝台70㎏台の選手なら毎年のように出てくる俊足内野手とは違い、180㎝85㎏の大型遊撃手はなかなかおらず、長打力も兼ね備えたスケール感を感じる選手。野口選手の指名有無に関係なく指名してほしい選手である。

続いて速水隆成捕手(群馬ダイヤモンドペガサス)。
昨年は巨人の入団テストに合格したにもかかわらず指名漏れとなった捕手。今年は勝負強さが光り打点王に輝いた。また、強肩であり盗塁阻止率も4割を超える独立リーク最強の打者。日本ハムの今シーズンの半分以上の試合でスタメンマスクを被っている清水優心選手の盗塁阻止率が2割前後とかなり低く、長打力が欠けている選手が多い日本ハムとしては強肩強打の速水選手の指名は不可欠と考える。

投手は黒田将矢投手(八戸工大一
角度のあるストレートは伸びがあり、キレのいい縦スラを投げる。大魔神・佐々木を彷彿させる落差の大きいフォークを投げる将来性のある高校生右腕投手。

以上の3人と隠し玉を2人紹介する。

・中道 大波内野手群馬ダイヤモンドペガサス
大型二塁手。攻守に非凡な才能があり長打力を兼ね備えた内野手

田中 怜利ハモンド投手(帝京第五
柔軟性に富んだ身体は鍛えがいがある。長身で未知数の可能性を持つ投手。

以上となる。上位指名予想をしたわけだが、3位の野口選手より粟飯原選手推しの私だが、この選手は必ず指名してもらいたい。正直、マスコミ・雑誌等で即戦力に挙げられている遊撃手選手たちは個人的には即戦力として考え難く、現戦力と比較しても同等、または見劣りする選手である。それならば将来性があり、長身で長打力・スケールのある粟飯原選手を指名してもらいたい。球団、または同ポジションの上野響平選手にとって必ずプラスとなる粟飯原選手の指名を願う。最後に過去記事の「ドラフトオタクが選んだ2021年の指名候補選手」に載っていない選手の指名は是非とも避けてもらいたい。

 

glory0301.hatenablog.com