いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

日本ハムの2021ドラフト総括

昨日、ドラフト会議が開かれ日本ハムは育成枠を含め13名の球団史上最多の指名となった。以下はドラフト結果である。

1位 達 孝太 (投手/天理高)
2位 有薗 直輝(内野手/千葉学芸高)
3位 水野 達稀(内野手/JR四国
4位 阪口 楽 (投手/岐阜第一高)
5位 畔柳 亨丞(投手/中京大中京高)
6位 長谷川威展(投手/金沢学院大
7位 松浦 慶斗(投手/大阪桐蔭高)
8位 北山 亘基(投手/京産大
9位 上川畑大悟(内野手/NTT東日本

育成1位 福島 蓮 (投手/八戸西高)
育成2位 速水 隆成(捕手/BC群馬)
育成3位 柳川 大晟(投手/九州国際大付高)
育成4位 阿部 和広(外野手/平塚学園高)

全体的に見て、高校生の多い指名でスケール感のある選手の指名が目立った。4、5年後が楽しみなドラフト指名であったように思える。ただ、その年のナンバーワンをドラフト1位指名する球団のはずだが、「達 孝太」と正直、拍子抜けするような言葉が出ない単独指名で消極的な指名と受け取れる指名でもあった。また、2位の有薗のポジションでもあるサードには野村がいる。どこを守らせるのか?外野?それとも、グラブ捌き、球際の強さといった守備力も兼ね備える選手だけに二遊間なのか?また、4位の阪口に関しては投手として指名のようだが投手より打撃の方が魅力のある選手。二刀流で行くのか。この高校生二人は指名したもののどう育成していくのか今後の動向が気になる。

補強ポイントとして、捕手・遊撃手の強化が目的で3人の指名をしている。まずは遊撃手。攻撃型の水野に守備型の上川畑の両者ともに小柄な選手。現戦力と言えば、水野は細川、上川畑は上野と背丈も似た年も近い同タイプを指名している。個人的には両者ともに指名する必要性があったのか、社会人選手ということもあり即戦力として現戦力と比べて使えるのか疑問を持つ。この二人の担当スカウトマンは加藤と坂本で、手腕として信頼が持てずより一層不安を感じる。水野の指名直後にDeNAが指名した現戦力にいないタイプの「粟飯原龍之介」を指名出来たにもかかわらず指名しなかったのが悔やまれる。そして捕手。今年のドラフト最大の指名はこの「速水隆成」ではないだろうか。現戦力である清水・石川・宇佐見の3人と比べても魅力十分。独立リーグとはいえ、64試合出場し、打率.339・本塁打12本(2位)・打点73(1位)・OPS1.058と勝負強さがあり、長打力を兼ね備える独立リーグ最強の打者。また、現戦力の清水は全試合の半数以上でスタメンマスクを被るが盗塁阻止率が2割前後と非常に低い数値である。速水は.419でこの数値はソフトバンクの甲斐拓也の.457に迫る数値を叩き出している。育成契約であるが早い時期に支配下契約されてスタメンマスクを被る日も遠くない選手である。

最後に投手。現戦力の投手陣は十分に戦力が整っていることから将来性を見込んだ投手を多く指名している。長身投手が多く、力強さのあるストレートを投げ込む投手が多くいるように思えた。だが、変化球に物足りなさが残る投手ばかりで将来必ず活躍が見込めると思える投手は現時点ではいない。今後どれだけレベルアップするかスケールがデカいだけに期待したい。

以上が私見である。来年も二遊間強化は継続、また、千葉県内の高校生捕手と今年同様長身投手の指名をしてもらいたい。