いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

2022ドラフト展望

来年も目玉となる候補選手は今のところいない年になりそうだ。
投手では、今夏の甲子園で4強入りした京都国際・森下、東海大札幌・門別、神戸国際大付・楠本、阿南光・森山、下関国際・古賀ら左腕投手。右腕では今夏の甲子園4強に貢献した投打ともに高い能力を備える近江・山田や日本文理・田中、智弁和歌山・武元、市和歌山・米田。全国的に無名ではあるが、飯塚・白濱は長身でありながら制球力が高く、ストレート・変化球ともにレベルが高い。三振が取れる長身の投手で今後の成長次第では来年の目玉投手になりそう。

大学生では、富士大・金村や上武大・加藤、立教大・荘司、神奈川大・神野、神奈川大・川合、明星大・谷井、福井工業大・立石、関西大・定本、九州産業大・渡辺あたりが候補に挙がりそう。その他に日体大・矢沢は小柄な二刀流。京大の長身で最速152キロのストレートを投げる水口がいる。

社会人では、昨年指名漏れのNTT東日本・上出は今年の主戦投手として登板経験を積んでいる。また、同じく昨年指名漏れで当時上位指名とまで挙がったJFE東日本・小郷や日本製鉄室蘭シャークス・遠藤、JR東日本東北・竹本、Honda・有村、Honda・今西、東京ガス・益田、ENEOS・加藤、日本製鉄東海REX・孕石らのドラフト解禁組の名前が挙がる。

野手では、今夏の甲子園本塁打を放った智辯和歌山・渡部。甲子園を経験した専大松戸・加藤。秋季千葉大会で3本塁打をマークした市船橋・片野と捕手が豊富な年になりそう。また、高松商・浅野も注目とこれから注目されていく高校生は増えていく。

大学では、打てる二塁手は希少価値が高い立教大・山田や法大・斉藤。リーグ戦通算10本塁打早大・蛭間や中大・森下、上武大・湯浅らが注目を集めそう。また、打てる捕手として桐蔭横浜大・吉田(賢)や神奈川大・土井もドラフト候補に挙がる。

社会人では、大学時にプロ志望届を提出しなかった大阪ガス・三井は順調に成長している。指名漏れのENEOS・瀬戸西や日本製鉄東海REX・吉位もドラフト解禁。東邦ガス・高垣は1発を打てる遊撃手としてドラフト候補に挙がりそう。