いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

2022年パ・リーグのプロ野球順位予想

昨年は日本一を逃したオリックスがリーグ優勝を飾った年だった。今年はどのような年になるかパリーグの順位予想をしてみます。

f:id:glory0301:20220319185225g:plain

2022年パリーグ順位予想

1位・オリックス
昨年リーグ優勝を飾ったオリックスを1位予想とするので連覇するのではないかと思われる。投手陣は山本由伸を筆頭に十分な戦力が整っている。戦力不足だった野手陣は、昨年、積極的に若手を起用し、育成しながらのリーグ優勝だったように思える。今年は、昨年の経験から若手がしっかりと成績を残してくれるような気がする。その中でも紅林は大ブレークすると見ている。また、太田や来田といった若手も楽しな存在である。さらに、新入団した渡部遼人や野口智哉の即戦力野手コンビの加入で野手の層は一層厚くなったと言える。今までは吉田正尚しかいなかった打線は、福田・宗・杉本、そして、紅林と期待のできる打者が揃ってきた。オリックスの時代到来の予感がする。不安材料は後ろを任せられる投手がいないことか。

2位・楽天
外国人野手の活躍次第で強力打線ができそうな予感。新外国人の補強により物足りなかった長打力の欠点が解消できればリーグ優勝もあり得る。先発投手陣はベテランが多く一年を通して活躍できるか不安材料ではある。いかに打線が点を取れるかになると思われる。ポイントゲッターは浅村・島内・茂木、そして、新外国人のマルモレホスとメンバーは揃っている。あとはいかに、チャンスメーカーたちが如何に塁に出るか。キーマンは西川遥輝。昨年は思うような成績を残せなかったがチームも変わり心機一転、今年にかける思いは強い。

3位・ソフトバンク
昨年は怪我人に悩まされ思うような戦いぶりが出来なかったシーズンではないだろうか。大きな補強もなく、マルティネスがいなくなったのは大きい。今年も難しいシーズンをおくるのではないだろうか。キーマンを挙げるならグラシアル。昨年ケガで戦列を離れた事が敗因の一つでもあった。彼がいるいないでは大きい。また、新外国人のフレディ・ガルビス内野手も攻守両面のキーマンと挙げる。スイッチヒッターのユーティリティープレイヤーがチームにどのような起爆剤をもたらせてくれるか。

4位・ロッテ
昨年はリーグ2位となったシーズン。今年は、目立った補強はないが、佐々木朗希、鈴木昭汰としっかり若手投手が育っている。打線に比べ、投手力に課題のある球団だけに勝敗は投手陣次第のところが大きい。昨年苦いシーズンを過ごした髙部瑛斗をキーマンに挙げる。手薄な外野陣にこのままレギュラーを掴めるか。オープン戦好調でシーズンもこの調子が続くのか個人的に楽しみな選手である。マーティンやレアードが健在な打線は強力である。

5位・西武
投打ともに不安の残る現状。助っ人外国人を全て一新させどう転ぶか。投壊、そして、強力打線だった打線も秋山がいなくなり、怖さがなくなった打線の復活はあるのか。全てにおいて、物足りなさが残る現状のキーマンとして挙げるなら、新入団選手全員。新しい力が如何にチームの起爆剤となるか。昨年、1軍経験を積んだ愛斗は面白い存在である。

6位・日本ハム
ビッグボスこと新庄剛志が監督に就任し、注目度はナンバーワン!投手力は球界トップクラスだが、現状の野手は若い選手も多く未知数である。オープン戦序盤は好成績ではあったが、シーズンが近づくに1軍投手の登板が多くなり勝利が減少。シーズンも1軍クラスの投手陣が相手である。野手全員がどれだけ1軍投手と渡り合えるか打線次第で大きく勝敗が決まりそうである。オリックスの中嶋監督のように育てながら勝利を掴めるか。どれだけ我慢して起用し続けられるか。十分に優勝争いを演じられるだけの投手力は備わっているだけに、いったい誰を育てるのかビッグボスに目が離せない。新外国人のヌニエスとアルカンタラはとても面白い存在で久しぶりに活躍しそうな外国人選手を獲得したと思える。ここまで弱体化したのは有力選手が退団しただけではなく、捕手の能力にあると考える。オリックスは、一昨年までは若月が主にマスクを被っていたが、代行監督時代も含めて中嶋監督に代わってからは、伏見が主にマスクを被るようになった。そして、昨年は中嶋監督政権下では一番多くスタメンマスクを被ったのが伏見である。日本ハムはこれまで清水と宇佐見を併用してきたが、他の誰かに変わったら勝ちが増えるかもしれない。今年も清水と宇佐見の併用と予想し、最下位予想とする。