いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

ソフトバンク vs. 日本ハムの2022年開幕戦を終えて!!

いよいよプロ野球が開幕。ビッグボスがどのような采配をするのか。どんなオーダーを組んでくるのか楽しみにしていた。まず結果は8回途中にワンアウト満塁の場面で、杉浦投手から西村投手に交代した直後、新外国人のガルピス選手の逆転グランドスラムの被弾を浴びて逆転負けだった。7回まで小刻みな投手リレーで、昨年のローテーション投手を2投手登板させるなど、計算通りの試合運びで、まさに相手に対策をさせない奇襲作戦であった。まさにビッグボスが発言していた「開幕3連戦は遊びます」は、オープナーのことではないだろうか。本日先発予定の堀投手も登板したビッグボスの色を全面に出た試合だったように感じた。3戦目は宮西投手なのかなとふっと思ってしまった。「真剣勝負は札幌から」ということで、投手力は他球団に比べて劣っているわけではないので、29日はもちろんエース上沢投手でいくしょう。

さて、試合を見た感想は、「開幕3連戦は遊び」ということだったが、本気で勝ちにいっている継投であった。結果はともかく、昨年のローテーション投手を2投手登板させるなど、なんとしてでもこの1点を守り切るといった継投のようだった。今年の抑えは西村投手が務めることもこの試合で分かり、ビッグボスの今年の野球が垣間見えた。

打線については、予想通り貧打ではあったが三振が思っていた以上に少なく、石井選手のソロホームランが飛び出すなど、想像以上に貧打ではなかった。近藤選手が6番にいるオーダーでは全く怖さがない。実戦経験が少なく感じたがさすがといった働きぶりを見せてくれた。3番が適任。オーダーを組み変えれば、それなりに得点力はアップする。ちょっと心配なのがヌニエス選手。低めの変化球はオープン戦では全く空振りする姿を見せていなかったのが、この試合では空振りするシーンが目立った。千賀投手のフォークやスライダーなのでしょうがないが、個人的には、もう少し選球眼のいい選手と感じていた。今日は東浜投手なので、三振を取るタイプというよりか芯を外し打たせて取るタイプなので、期待したい。

投手力はあるチームなので、問題は打線。そこで重要なのが打順である。上位は十分に経験のある選手をおいてほしい。この試合のように、1~3番までの三振が目立つ。この日のオーダーなら1番は松本剛選手で、3番は近藤選手だよね。戦力は他球団に比べ劣るかもしれないが、投手力はあるのだから打線の上位ぐらいはしっかり組めるだけの戦力はある。しっかり打順は決めてもらわないと勝てる試合も勝てないよ。是非、相手投手が嫌がる打順を思考してもらいたい。頼みますよ、ビッグボス!!

打撃成績
(左)  今川 優馬  中飛 空三振
打右 万波 中正  空三振 空三振
(中)  淺間 大基  空三振 見三振 右飛 空三振
(二三) 石井 一成  空三振 右中本 中飛 見三振
(右左) 松本 剛   遊安 中安 中飛 右飛
(一)  ヌニエス   空三振 二ゴロ 空三振
 一   渡邉 諒   二ゴロ
(指)  近藤 健介  四球 四球 右2 遊ゴロ
(三)  佐藤 龍世  二飛 中飛
打二 アルカンタラ 遊ゴロ
(捕)  宇佐見真吾  左飛 右飛 四球
(遊)  水野 達稀  空三振 投ゴロ 二ゴロ

投手成績
選手名  投球回 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 自責点
北山 亘基 2     2     0     1     3      0
加藤 貴之 1     1     0     1     0      0
根本 悠楓 1     0     0     3     2      0
伊藤 大海 2     0     0     1     2      0
堀 瑞輝  1     2     0     0     0      0
杉浦 稔大 0.1     2     0     0     1      3
西村 天裕 0.2     1     1     1     0      1

 

glory0301.hatenablog.com