いがちゃん’s雑記帳 ~ 能天気で天然な男 ~

日本ハムなど野球中心だけどプライベートや買い物・飲み屋などいいもの見つけた時に♪

【日本ハム】ドラフト指名してほしい・野手編

前回の投手編に続いて、今回は野手編を考えてみようと思います。

今シーズンを振り返ってみると、一番に感じたことが外野手に捕手・内野手登録の選手がスタメンオーダーに挙がっていること。松本の怪我の影響もある程度あったのかもしれないが、現在の外野手登録選手だけでは物足りないのか人材不足のうように感じた。また近藤のFA問題もあり、ドラフトでの補強ポイントの一つが即戦力外野手であることは間違いないでしょう。同様に二塁手のポジションについてもコロコロと選手が変わるのが目に付き、このポジションも補強ポイントの1つと挙げてよい。ただ、悪い話だけではなく、捕手には攻守ともに成長を見せた宇佐見、遊撃手には新人ながら攻守にアピールに成功した上川畑と長年固定できていなかったポジションの問題が解決しそうなシーズンといっていいだろう。前述の2つのポジション以外については特に大きな問題はないといってよいだろうから、従って二塁手・外野手の即戦力野手、そして、ようやく固定出来そうな捕手・遊撃手の次世代の育成に着手し若手選手(高卒)の指名が現状のチーム状態を考えても今年のドラフト候補を見るとベストな指名と考える。現在、小柄で足や守備をウリとした選手が多く在籍しているだけに同タイプの指名だけは間違っても避けてもらいたい。現状、打撃に課題を残す選手ばかりなだけにこれ以上の失敗は続けられない。打撃に魅力のある選手を積極的に指名しよう。足はともかく、守備はザルでなければ練習次第で向上は見込める。そこをどう見極め育成するかである。では今年おすすめの選手は誰なのか紹介する。まずはドラフト1位候補であろう中央大・森下翔太外野手である。このチームに一番足りない勝負強い打撃、そして、逆方向にも強い打球を打てる選手とプロで活躍するだけの条件は備わっている選手である。高校は東海大相模で大学では1年から大学日本代表に選出されており、経験・実績は十分である。一番は現在DeNAで活躍している牧と一緒に2年間クリーンアップを組んで間近で練習やプレーを見てきたことは大きい。また、こちらもドラフト1位候補の立教大・山田健太。個人的にはドラフト1位指名有力と見ている。森下と悩んだが、ポジションの事を考え山田にした。山田は主に二塁手を守り、印象的なのは投手への声掛けである。出塁率が高く、長打力も兼ね備えている次世代のキャプテン候補。AbemaTVで東京六大学野球は視聴できるので是非彼の姿を確認していただきたい。この2選手が入団すれば間違いなくチームは大きく変わるが、二人同時に指名するのは困難なだけに、せめてどちらか片方の指名に成功できたらと思う。先日、外れ1位と考えていた誉高校・イヒネ・イツアをソフトバンクがドラフト1位指名にすると公表したことにより、ドラフト1位でこの二人以外の場合はかなり手痛い結果となりそうだ。また、次世代の選手だが、捕手なら市立船橋・片野優羽。昨年の秋季大会から見てきてホームランアーチストの打球で長打を放ち、甲子園でもホームランを放っている。逆方向にも伸びのある打球を放つ。また、強肩でもあり、甲子園でも正確無比な制球で盗塁を刺している。中位下位で指名してくれたらと思う。遊撃手については、浦和学院・金田優太。軽快な守備に巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける。今年急激に成長し本塁打量産の選手。個人的には、地方大会、甲子園を含めて勝負強い選手の印象。プロでは中距離打者で2塁打・3塁打量産といった近藤のようなタイプと見ている。2位あたりで消えそうな選手。また、大化けタイプとして長打力が魅力の選手を紹介する。滋賀学園・鈴木蓮富士宮東・勝又琉偉の二人。鈴木は広角に長打が打て、強肩を活かした守備が特徴の選手。勝又は長身ながら俊足で粗削りな選手だが化けた時が楽しみな新庄監督が好みそうな選手。遊撃手については、昨年同様、上位と下位の2選手の指名もありと考えている。それだけの逸材が揃った世代である。他の選手は以下に紹介する。次回は10/20(木)「12球団ドラフト1位予想」です。

<捕手>
葛西 凛  (八戸工大一
高山 維月 (浦和学院
片野 優羽 (市立船橋
吉田 賢吾 (桐蔭横浜大
野口 泰司 (名城大)

内野手
内田 湘大 (利根商)
金田 優太 (浦和学院
勝又 琉偉 (富士宮東
イヒネ・イツア(誉)
鈴木 蓮  (滋賀学園
戸井 零士 (天理)
山田 健太 (立教大)

<外野手>
伊藤 千浩 (東北)
三塚 琉生 (桐生第一
田中 多聞 (呉港)
古川 雄大 (佐伯鶴城
萩尾 匡也 (慶應義塾大)
森下 翔太 (中央大)
澤井 廉  (中京大
久保 修  (大阪観光大)
三井 健右 (大阪ガス